NEW

パチスロ「6号機」でも”革命スペック”が活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特定の条件でG数が上乗せされるARTは、ART中のBIG成立で「+50G」、BIG中の純ハズレで「+300」が上乗せされる当時屈指の出玉性能を搭載。また出玉率は「119.5%」と安定さも兼ね備えたスペックでした。

 ただ、目押し力や知識が要される上級者向けの機種となっており敬遠したプレイヤーも多かったはずです。それでも、間違いなくパチスロ史に残る名機といえますね。

ART機を定着させた”第3のボーナス”

パチスロ「6号機」でも革命スペックが活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!の画像3サミーHP」より

「パチスロがきっかけでアニメを見た」「アニメそのものにハマった」とパチスロの枠を超える一大ブームを起こし、プレイヤーの心を刺激する「ゲーム性」「革新的なシステム」が多くのユーザーから支持された名機といえば……。

 2009年に誕生した『パチスロ交響詩篇エウレカセブン』(サミー)です。本機は、ビッグボーナス・レギュラーボーナスに加え、1セット50GのART「コーラリアンモード」を搭載。ART中のレア小役やボーナス中の7揃いなどでセット数を上乗せする標準的なスペックでした。

 しかし本機は、これまでのARTへの突入条件だった「ボーナスを経由」などを一新した”新システム”を搭載していたのです。

 それが、通常時からもARTへ突入するルート”第三のボーナス”と呼ばれるもの。通常時のレア役や押し順正解など自らチャンスを掴み取るといった能動的なシステムが、多くのファンから人気を博し大人気機種となりました。

「ボーナスを待つ」という流れを大きく変えた”革命的機種”ではないでしょうか。

パチスロ「6号機」でも”革命スペック”が活躍!? 時代を創った「歴史的名機」を振り返る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!