NEW

JRA石橋脩「乗り替わり」ならあまりに残酷? ラッキーライラック「完璧騎乗」でもオーナーが……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA石橋脩「乗り替わり」ならあまりに残酷? ラッキーライラック「完璧騎乗」でもオーナーが......の画像1

 2番人気アーモンドアイの勝利で幕を降ろした桜花賞(G1)。後方2番手で機をうかがっていた同馬は、最後の直線で並み居るライバルたちをごぼう抜き。桁外れのパフォーマンスで牝馬クラシックの1冠を手中に収めた。

 その一方、断トツの一番人気に支持されたラッキーライラック(栗東、松永幹夫厩舎)は2着。最内1枠1番からバツグンのスタートを見せ、早め先頭の勝ちパターンを展開。ほぼ完璧な競馬をしたのは誰の目にも明らかだったものの、それでもアーモンドアイにあと一歩及ばなかった。

 レース後、騎乗した石橋脩騎手は「頑張ってくれた」と相棒を労い、イメージ通りのレースが出来たものの「直線も追い出しを我慢して脚を使ったのですが、勝ち馬に一瞬にして来られてしまいました」とライバルの末脚に驚いたと語っている。

 昨年のソウルスターリング、そして一昨年のメジャーエンブレムとここ2年、単勝1倍台の圧倒的な大本命の2歳女王がよもやの敗戦を喫していた桜花賞。ラッキーライラックもその不名誉な系譜に名を残す結果となってしまった。

 無念の敗戦を喫してしまったラッキーライラック×石橋騎手だが、これで再燃してしまうと思われるのは、以前からささやかれている”乗り替わり”だ。

「アーモンドアイに遅れを取ったものの、ラッキーライラックも阪神JF(G1)を勝利するなど逸材であるの間違いないでしょう。馬主はクラブであるサンデーレーシングですし、鞍上の石橋騎手は常に『最高の結果』を求められており、『負けたら即、乗り替わり』というウワサが絶えません。今回の結果を受けて、馬主がどう判断するのかが注目されています」(競馬誌ライター)

 ラッキーライラックの馬主は猛威を振るう社台系の筆頭格であるサンデーレーシング。一口馬主などの意向もあるのか、とにかく「外国人騎手」への乗り替わりが多いことでも知られている。

JRA石橋脩「乗り替わり」ならあまりに残酷? ラッキーライラック「完璧騎乗」でもオーナーが......の画像2

「昨年は松山弘平騎手がサンデーレーシングのアルアインに騎乗して皐月賞を制しました。ですが次走のダービーで5着に敗退するや否や鞍上をルメール騎手にチェンジ。物議を醸しました。

 また石橋騎手は以前、同クラブのドゥラメンテに騎乗。3戦目のセントポーリア賞で勝利し、4戦目の共同通信杯(G3)でも2着と一定の成績を残したものの、5戦目からはM.デムーロ騎手に乗り替わりという憂き目にあっています。

 今回はドゥラメンテの時と同様の悲劇が繰り返されなければいいのですが……」(記者)

 現代競馬において乗り替わりは常だといわれている。有力騎手を起用することで少しでも上位をうかがいたいと考える馬主の心情も十分理解はできる。だが、近年はその決断に至るまでの過程があまりにもシビアすぎるように思えてならない。

 今後も続く今年の牝馬クラシック。石橋騎手×ラッキーライラックのタッグはアーモンドアイにリベンジをする機会も得ることができるのだろうか……。

JRA石橋脩「乗り替わり」ならあまりに残酷? ラッキーライラック「完璧騎乗」でもオーナーが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!