NEW

武豊「アーモンドアイは世界一」?ディープインパクト、オルフェーヴルと「同格扱い」発言で海外遠征、打倒エネイブルの楽しみ倍増

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「アーモンドアイは世界一」?ディープインパクト、オルフェーヴルと「同格扱い」発言で海外遠征、打倒エネイブルの楽しみ倍増の画像1

 その強さには、レジェンドも驚く他なかったようだ。

 JRA武豊騎手が26日、東京・新宿の紀伊国屋書店で行われたJRA機関誌「優駿」の創刊900号記念イベントに出席。物心つくかつかないかの頃から「優駿」を愛読していたエピソードや、先日達成した前人未到のJRA4000勝に関して「そんなに大きいこととは考えてなかったけど、達成してみると思ってもみないほどの反響があった」「もっともっと実力をつけて、勝ち続けていきたい。次の目標は5000勝です」と、飽くなき向上心を見せつけ、詰め掛けたファンを魅了した。

 前日の出来事ということもあってか、話題は25日のジャパンC(G1)に。芝2400mの世界レコード2.20.6を記録して勝利した3歳牝馬アーモンドアイを、武豊騎手が絶賛した。

 武騎手は「馬場状態を見て、レコードが出るのではという話はしていたが、まさかあそこまでとは」と、従来のレコードを1秒半縮めるとは思っていなかったようだ。そして「いま世界であの馬より速い馬いるのかな」と、アーモンドアイが現状「世界でも特別な存在」なのでは、と示唆している。

「武豊騎手の『お墨付き』が得られましたね。過去には自身の騎乗したディープインパクトに関して『世界にこれ以上強い馬がいるのかな』と語り、2011年の三冠馬オルフェーヴルに関しては、テレビ番組内で主戦の池添謙一騎手に『世界一強いんじゃないか』とコメントしています。

いずれもその後凱旋門賞に挑戦し、日本代表としてレースに出走しました。今回、武豊騎手はアーモンドアイをこの2頭と『同等』に評価する発言をしたということ。これは頼もしいですね。

武豊「アーモンドアイは世界一」?ディープインパクト、オルフェーヴルと「同格扱い」発言で海外遠征、打倒エネイブルの楽しみ倍増のページです。GJは、競馬、JRAアーモンドアイ武豊競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!