NEW

JRA「暴言王(元)」岩田康誠が有馬記念(G1)マカヒキ復活を後押し? “姿勢”に大きな変化が……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「暴言王(元)」岩田康誠が有馬記念(G1)マカヒキ復活を後押し? 姿勢に大きな変化が......の画像1

 23日に開催されるグランプリ有馬記念(G1)に2年前のダービー馬・マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、鞍上に岩田康誠騎手を迎えての出走を予定している。

 マカヒキは今年の夏に札幌記念(G2)で2着。続く天皇賞・秋では武豊騎手が騎乗することもあり3番人気と多くの支持を集めたものの、スタート直後スワーヴリチャードと激しく接触。その影響は大きく、レースでは見せ場なく7着と、期待を裏切る結果に終わった。さらにその後も疲労が抜けず本調子に戻らなかったとして、予定されていたジャパンカップの回避を発表。チグハグさが目立っている。

「立て直しの難しさが懸念されていましたが、友道調教師は『ジャパンCを使っていないぶん疲れはないかな。当時とは動きが違う』と万全の調子であることをアピール。意図せずして休養を挟んでしまったものの、それがいい方に転がりつつあるようです」(競馬誌ライター)

 そして、そのマカヒキとコンビを結成するのが岩田騎手だ。一時は低迷したものの、秋口からは、それがウソだったかのように勝ち星を量産。本人は関係者たちに『裏開催に出てるから。空き巣狙いだよ(笑)』と自虐的に語ってるそうだが、この好調さはそれだけでないという。

「以前から岩田騎手はレース前やレース後に、『〇〇なんか下手』『あいつに負けるわけない』と大言壮語を吐き、さらに『ケガさせてやった』『〇〇をシメた』など過激な発言を連発していました。これは記事を書く記者に対するリップサービスの一環だったようですが……。

 当時、勝ち続けるに連れて岩田騎手の『強引な進路取り』が物議を醸し出しました。それでも暴言ともいえるようなコメントを続けていたため”変なウワサ”、”不穏な話”が業界に流れるようになり、岩田騎手は要注意人物として扱われるようになったんです」(競馬記者)

JRA「暴言王(元)」岩田康誠が有馬記念(G1)マカヒキ復活を後押し? “姿勢”に大きな変化が……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!