NEW

パチスロ5号機最後の『ミリオンゴッド』は超・冷徹仕様!? 確実に迫る『6号機・ゴッド』の布石となるか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出玉規制の影響を受け”爆裂マシン“に陰りが見えるパチスロ。一撃5000枚はおろか3000枚ですらも厳しい状況である。

 そんな中、長きにわたって業界を牽引してきた『ミリオンゴッド』シリーズ最新作が満を持してデビュー。だが、残念ながら5.9号機での登場だ。出玉ストッパー「有利区間」との相性は最悪だが……。

『アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-』(ミズホ)

 ゲームフローは「奇数図柄」が揃えばART「GOD GAME(GG)」が確定するお馴染みの仕様。

 前作との主な違いは、前作のCZ「HELL ZONE」の他、当選すれば特化ゾーンも確定するCZ「JUDGE OF THANATOS」が新たに追加された点。そのため、通常当選時の場合「GOD GAME」の初期ゲーム数は固定されており、初期ゲーム数は100G、純増は約2.0枚となっている。

 気になる上乗せ特化ゾーン「JUDGMENT」への突入条件は「JUDGE OF THANATOS」や確定役がメイン。その特化ゾーンでは、前作と同じく「ケルベロス」「ペルセポネ」「ハーデス」の他、新たに「ANOTHER LEGEND」を採用している。上記の三神いずれかの上乗せが毎G発生し、その平均はなんと「510G」。まさに”ゴッド”らしい性能といえるだろう。

 そして、本作でもプレミア役「GOD揃い」は健在だ。「GOD GAME」100Gに加えて、「JUDGMENT」ストックが3個確定の一撃フラグとなっている。

 その他、前作を踏襲した紫7・ハーデス・GODのいずれかが確定する「全回転フリーズ」はもちろん、GG終了後に発生する「ラストフリーズ」は残り有利区間が「すべてGG」となる新機能もあるなど、見所盛り沢山な内容となっているが……。

 やはりスペック面に対する不満は非常に目立つ印象だ。それは出玉ストッパー「有利区間」以前の問題のようである。

パチスロ5号機最後の『ミリオンゴッド』は超・冷徹仕様!? 確実に迫る『6号機・ゴッド』の布石となるか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!