NEW

JRA桜花賞(G1)「一変」ノーワン&坂井瑠星の挑戦は!? 積極的「新興クラブ」が牝馬決戦をかき回す?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA桜花賞(G1)「一変」ノーワン&坂井瑠星の挑戦は!? 積極的「新興クラブ」が牝馬決戦をかき回す?の画像1

 4月7日、阪神競馬場で桜花賞(G1、芝1600メートル)が行われる。フィリーズレビュー(G2、芝1400メートル)の勝ち馬として参戦するノーワン(牝3歳、栗東・笹田和秀厩舎)について検討してみよう。

 フィリーズレビューはノーワンとプールヴィルの1着同着だった。1枠1番、鞍上坂井瑠星騎手のノーワンは内ラチピッタリの中団につけ、やはり内を走る鞍上秋山真一郎騎手のプールヴィルをマークする。直線に向くと両頭とも前が壁になり、秋山騎手は外に出し、坂井騎手は内のまま強引に馬群を割った。結果は同着。両頭とも重賞初制覇を飾り桜花賞に臨むことになった。

 坂井騎手は競馬開催2日間の騎乗停止になったもののうれしい重賞初制覇。昨年末、1年間にわたるオーストラリアでの武者修業を終えて帰ってきた。オーストラリアでは16勝を上げ、コーフィールドCのソールインパクトでG1戦初騎乗を経験。帰国後の朝日杯FSではコパノマーティンで国内G1戦にも騎乗した。藤田菜七子騎手は競馬学校の同期。菜七子騎手がフェブラリーSのコパノキッキングでG1戦に初騎乗、見せ場を作っただけに、桜花賞では見せ場以上の結果を出したい。

 坂井騎手は帰国後、年末は1勝、今年は2月までに3勝しか上げられなかった。競馬ポータルサイト"netkeiba.com"の取材に対して坂井騎手は「帰国してからずっと苦しかったです。なんでこんなに勝てないんだろうと...」と語っている。しかし、3月に入ると3勝を上げ、4勝目のフィリーズレビューで重賞初制覇、その後も2勝を上げた。いよいよオーストラリア遠征の成果が出てきたようだ。

 ノーワンのフィリーズレビューは馬主にとっても記念すべき勝利だった。馬主名義は藤田好紀氏になっているが、実はハナズゴールの馬主として有名になったマイケル・タバート氏が運営するクラブ法人ニューワールドレーシングの所属馬。個人馬主向けのクラブで「日高地方を盛り上げる」というコンセプトで一昨年、1歳馬6頭の募集からスタート。発足したばかりでの重賞制覇は快挙だ。

 坂井騎手は笹田和秀調教師から「おめでとう。次も頼むな」と言われ「今の時代、本番は乗り替わり...なんていうこともあるのかなと思っていたんですけど、続けて乗せていただけることがわかって本当にうれしかったです」と述べ、タバート氏は"netkeiba.com"の坂井騎手への取材に対して「次はノーワン・ニューワールドレーシング・坂井君にとって大きなチャンスですね。楽しみにしています」と祝福メッセージを送った。

JRA桜花賞(G1)「一変」ノーワン&坂井瑠星の挑戦は!? 積極的「新興クラブ」が牝馬決戦をかき回す?のページです。GJは、競馬、ノーワン坂井瑠星桜花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!