NEW

地方アイドルはマーケティングの教科書!? 長く愛される商品を作るための5つのヒント

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ』著:川上徹也/祥伝社

 メジャーデビューを飾るグループが続出するなど、注目されている「地方アイドル」。その中でも、今、10年以上のキャリアを重ねる“ベテラン”が話題を集めています。
それが「Negicco」です。

 Negiccoは、新潟を拠点にして活動している女性3人組のJ-POPグループ。「地方アイドル」のトップランナーであり、楽曲やパフォーマンスに対する評価が非常に高いのが特徴で、全国区としてもブレイク間近と言われています。

 彼女たちはどうして10年というキャリアを経て、ブレイク直前まで辿りつけたのでしょうか。

 その秘密が書かれているのが『新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ』(祥伝社/刊)です。本書では「ストーリーブランディング」の第一人者・川上徹也さんが、1年半にわたる取材を通してNegiccoのマーケティング手法を明らかにしています。アイドルとマーケティング、どう結びつくのでしょうか?

 Negiccoは2013年6月に結成10年を迎えました。

 当初はJA全農にいがたの「やわ肌ねぎ」のキャンペーンユニットとして、1カ月限定ということで結成されました。しかし、キャンペーン終了後、「このまま解散させるのはもったいない」という声があがり、そのまま活動を継続、それが10年以上続いているのです。

 さらに、Negiccoの3人は結成時のオリジナルメンバーで(結成時は4人組)、拠点を新潟から動かずに活動を続けてきたのです。こういったグループは他に例をみません。

 川上さんはそんなNegiccoから学べるマーケティング手法を次の5つにまとめます。

(1)「思わず応援したくなる」存在になる
(2)周囲を巻き込み一緒になって楽しむ
(3)人の縁を大切にして「運」をつかむ
(4)インパクトのある名前にする
(5)全部、自分たちでやる

 Negiccoの活動の多くが「お客さん(ファン)と一緒になって新しい価値を産み出すことで『市場をつくる』」ものです。実はこの考え方は、マーケティングの神様と呼ばれるフィリップ・コトラー氏が提唱している最新理論「マーケティング3.0」に合致します。

 つまり、Negiccoは(本人たちは意識していないにせよ)、「マーケティング3.0」という手法を使って活動しているのです。

 もちろんメジャーなアイドルも、「マーケティング3.0」的な活動は数多く行なっています。たとえば、AKB48の「シングル選抜総選挙」や「恋するフォーチュンクッキー」の動画プローションなどが典型的な例です。