NEW

『極悪がんぼ』の事件屋、その実態は?他人の争い事に裏介入、依頼者が被害受けることも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)フジテレビ
 今クールの連続テレビドラマ『極悪がんぼ』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時放送)は、ラブストーリー路線が中心の「フジ月9」枠としては異例の「裏社会モノ」となり、放送開始当初話題を呼んだ。

 架空の地方都市、金暮市(かねくれし)に住む主人公・神崎薫(尾野真千子)は、交際相手のせいで多額の借金を背負い、“事件屋”小清水経営コンサルタントで働くことになり、法律の網をくぐって他人の揉め事に対処することを生業とする事件屋、そして裏社会の厳しさを学んでいくというストーリーだ。

 本ドラマの放送を受け、一部インターネット上などでは「事件屋って、実在するの?」「現実はどんな仕事なのか」などと事件屋への関心が高まっているという。そこで今回、本ドラマの法律監修を担当しているさくら共同法律事務所の山脇康嗣弁護士に、知られざる事件屋の実態について聞いた。

--本ドラマに登場するような事件屋は、本当に存在するのでしょうか?

山脇康嗣弁護士(以下、山脇) 実在します。古今東西、人や組織にまつわるトラブルは“飯の種”になります。昭和8年(1933年)5月に成立した「法律事務取扱ノ取締二関スル法律」で事件屋が禁じられましたが、かなり古い職業といえます。全国どこでも、事件屋のいない都市はないほどです。

--具体的には事件屋とは、どのような職業を指すのでしょうか?

山脇 法律上の明確な定義はありませんが、弁護士の資格を有さずに他人の揉め事や争い事に介入して、経済的利益を得ることを生業とする人々を指します。表社会では解決できない、されない事件を解決する裏稼業の俗称です。

--具体的には、どのような活動をしているのでしょうか?

山脇 事件屋の活動はさまざまですが、典型的なのが交通事故などの示談屋、さらに作中でも描かれていた倒産整理屋や、手形詐欺を働くパクリ屋とサルベージ屋。総会屋や地上げ屋も事件屋のひとつです。最近多いのは、特殊詐欺(架空請求詐欺、ギャンブル必勝法情報詐欺など)の被害を救済するとか、ネット上の誹謗中傷書き込みを削除するというパターンですね。

 事件屋は裏稼業なので、これまで大っぴらに広告を打つことは少なかったのですが、最近はネット広告を堂々と出す業者も出てきています。被害者の属性も含めて、インターネットと事件屋は親和性が高まりつつあるといえるかもしれません。

--事件屋の活動は、合法なのでしょうか?

山脇 弁護士資格なく他人の紛争に介入することは、弁護士法違反になります。本ドラマでも、毎回最後に「報酬を得る目的で無資格者が他人の紛争に介入することは違法です」という注意書きが表示されています。弁護士は、司法試験でその法的能力を担保されていますし、厳格な職務規程があります。しかし事件屋はなんでもありですから、自分の利益のために依頼者の秘密を売ったり、時には依頼者と相手方の両方から金を巻き上げたりする違法な存在です。