NEW

入浴剤、発がん性&肌破壊 コラーゲンの鍋や化粧水は肌に無意味?男性化粧品は危険?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 昨今、男性用化粧品は広く普及し、洗顔後に化粧水や乳液などを使用する男性が増えています。しかし、すがわら皮膚科クリニック副院長で美容皮膚科医師の菅原由香子氏は、化粧水等の使用は中止するべきだと主張しています。

 そこで菅原氏に、

・化粧品の危険性
・コラーゲンの誤った知識
・入浴剤の害

などについて聞いてみました。

●男性化粧品の実態


--化粧品を使う男性が増えていますが、なぜ菅原さんは使用中止を呼びかけているのですか?

菅原由香子氏(以下、菅原) 最近、若者を中心に男性化粧品が市民権を得つつあります。男性化粧品の売れ筋は、基礎化粧品である化粧水や乳液ですが、主な効能としてはニキビ防止のほか、肌がきれいになるとされています。乾燥しやすい肌に水分を補給して潤いを与える目的で使用する人が多いのでしょう。

 しかし、化粧水や乳液には合成界面活性剤が含まれています。洗浄剤としてではなく乳化剤として使われています。これらの化粧品を使うことで、合成界面活性剤を肌にすり込んでいるのです。保湿のためと思って使用していても、合成界面活性剤は皮膚の構造を破壊し、かえって肌を乾燥させる危険があります。

--保湿するはずの化粧品が皮膚を破壊するので、使わないほうがいいというわけですね。

菅原 化粧品の使用は、今すぐにやめる勇気が必要です。そのように話すと「今やめたら肌がカサカサになってしまう。そんなことは考えられない」と言う方がいますが、化粧品を使う前はどうだったのか思い出してほしいのです。その時のほうが間違いなくきれいな肌だったはずです。化粧品を使うことで肌が傷んでしまったのです。化粧品を使っている男性の肌に艶があるように見えても、それは合成ポリマーによるニセモノの艶です。

●コラーゲンの間違った知識


--ほかにも間違った知識があれば教えてください。

菅原 一般的に常識と思われていることでも、間違っている情報はたくさんあります。例えば、代表的なものとしてはコラーゲンに関する情報が挙げられます。

『肌のきれいな人がやっていることいないこと』


洗顔だけで20年悩んだ肌荒れが治った--お化粧よりすっぴんがきれいになる。月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法

amazon_associate_logo.jpg