NEW

ロッテ、取引業者を奴隷扱いで当局が調査 サムギョプサル・デーの裏でトンデモ買い叩き

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ロッテ――。創業家内で親子兄弟が経営権をめぐって争いを繰り広げ、日韓両国で批判を受け続けている。また、昨年8月には江崎グリコの商品を模倣したとして敗訴している。そのような状況から日本でも韓国でも不買運動を展開されるなど、何かと話題に事欠かない。そんなロッテで、またひとつ新たな不祥事につながりそうなニュースが報じられている。

 ロッテ傘下で韓国屈指のディスカウントチェーン「ロッテマート」が、取引業者に原価よりも安い価格での納品を強要していたというのだ。現在、韓国公正取引委員会が本格調査に乗り出しており、真相究明が期待されている。

 今回の調査は、ロッテマートに豚肉を納品している業者からの通報が発端だった。ロッテマートに3年間、豚肉を納品してきたという業者は、ロッテマートの買い叩きによって、計100億ウォン(約10億円)の損害を受けたと主張している。

 ロッテマートでは、“サムギョプサル・デー”などの割引イベントを開催しているが、買い叩きはそのイベントに合わせて行われた。その業者によると、ほかの取引先にはサムギョプサル1キログラム当たり1万4500ウォン(約1450円)で納品しているが、ロッテマートの割引イベント中は9100ウォン(約910円)で納品しなければならなかったという。つまり、通常価格から約40%も買い叩きを受けていたのだ。
 
 年間契約の中でイベント期間だけ割を食っていたというのであれば、まだ問題は小さかったかもしれない。しかしロッテマートは、同業者からイベント期間は9100ウォンで37トン購入し、それ以外の通常価格のときは1トン未満しか購入していなかったという。この事実だけを見ると、買い叩きは確信犯としか思えない。被害を受けたという納品会社社長は、「イベントで2億ウォン(約2000万円)の赤字が出て、(それ以外の期間に)ロッテマートが1000~2000万ウォン(約100~200万円)を保全してくれても、(年間では)1億8000万ウォン(約1800万円)以上の赤字。我々は協力業者ではなく、“奴隷業者”だったようだ」と嘆く。そんな奴隷扱いをしておきながら、事あるごとにロッテマートの担当者を接待しなければならなかったそうだ。