NEW

「1億総ゴマすり化」が企業・教育・政治を破壊し始めた!経営者と教師の劣化が深刻

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「1億総活躍」の時代ではなく、全員が主流派にとどまってなんとか甘い汁を吸おうとする「1億総ゴマすり」時代が到来しようとしている。


 まずは甘利明前TPP担当相の金銭疑惑問題。実名で金銭の授受が告発されている。あっせん収賄の疑惑が持たれる行為であり、自分と秘書の金銭授受を認めた甘利氏は大臣辞任に追い込まれた。議員辞職してもおかしくないほどの不祥事だが、自民党や「御用メディア」からは甘利氏を擁護する声さえ出ており、自浄作用が機能していない。

 自民党内にかつてのように「言論の自由」があるならば、「辞任やむなし」とか「辞任すべき」といった批判的な声が出るだろうが、ほとんどそれもなかったばかりか、「嵌められた説」まで出ていた。

 自民党内で批判の声がほとんど出ない理由は、甘利氏が安倍晋三首相の信任が厚く大切な「お友達」だからで、その甘利氏を批判して官邸に嫌われたくないとの思いが透けて見える。賢い飼い犬は、主人がかわいがっている猫には噛みつかないのと同じだ。昨年の自民党総裁選の時でも、自民党の代議士の大半が安倍首相に気に入られようと、総主流化して再選を支持した。野田聖子氏が出馬するために推薦人を集めようとしたが、安倍首相の意向や思いを忖度する勢力から「圧力」がかかり、野田氏は結局出馬できなかった。

 与党内で健全な政策議論がないまま安倍氏が総裁に再選され、第三次安倍内閣が発足した。安倍氏の意向を「忖度」することで、大臣ポストや党の要職を射止めたいと考えたお歴々もいるだろう。一部が野田氏支持に傾いていた宏池会も、前会長の古賀誠・元自民党幹事長の動きを抑えるかたちで現派閥領袖の岸田文雄外相が「安倍支持」で派閥内を固めた。しかし、安倍氏は自分を裏切ろうとした派閥を許さず、閣僚ポストは大幅に削減され、結局入閣したのは岸田外相一人だった。いい「見せしめ」になった。ますます「安倍一強」が加速するだろう。

 こうして権力者の意向を過度に忖度する動きは、政治だけではなく、日本社会に蔓延しており、それが活力を失う大きな要因になっていると筆者は常々感じている。忖度とは、権力者が直接指示しなくても、その意向を慮り、権力者が気に入るような行動を取ることである。あるいは、権力者が間違ったことをしていても、それを正さず、悪いとわかっていても加担してしまうことでもある。いわば阿吽の呼吸での「ゴマすり」であり、お中元・お歳暮を送るとか、ひれ伏した態度を取るとかの単純なゴマすりではない。そうして権力者に気に入られることで、自分も地位を得ようと考える。