NEW

フジ、滑稽すぎる「バブルの余韻」押し付け感…人気女子アナの「裏の顔」発覚続出の醜態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ「Thinkstock」より
 フジテレビ加藤綾子アナウンサーが4月末で退社してフリーになることを発表し、10社以上の芸能プロダクションが獲得に動いたなどと報じられた。


 加藤といえば、情報サイト「オリコンスタイル」が毎年発表する「好きな女性アナウンサーランキング」で常にトップを争っている、フジの“不動のエース”だ。

 しかし、2015年末に発表された同ランキングで、加藤をおさえて首位に選ばれたのは日本テレビの水卜麻美アナだった。13年、14年に続き、水卜アナはこれで3連覇だ。

 さらに、男性部門でも、やはり日テレの枡太一アナが4連覇を達成し、トップ10には日テレ勢が4人もランクインしている。なぜ、日テレのアナウンサーがここまで人気なのだろうか。

水卜アナ人気の理由は、癒やし系キャラとぽっちゃり体形


「女子アナというのは、各々が持っている武器をどう生かすかが勝負です。その成功例が水卜アナだと思います。水卜アナは10年に日テレに入社し、11年春から『ヒルナンデス!』を担当。この年、日テレはフジから年間視聴率3冠を奪取しており、タイミング的にも好調日テレの象徴になりました。しかも、天然キャラで食欲旺盛。女子アナ界の中で、『親しみやすい癒やし系』というポジションを確立したことが、今の人気につながっています」

 こう語るのは、女性アイドル研究家でアナウンサー事情にも詳しいマンボウ北川氏だ。北川氏によれば、水卜アナの人気の一番のポイントはその親しみやすさにあるという。

「現在、女性誌のモデルにぽっちゃりタイプの人が起用されるなど、親しみやすさのある女性が注目されていますが、水卜アナもやはり“ぽっちゃりキャラ”です。このように、風潮が変わってきていることも、水卜アナ人気の追い風になっていると思います。

 彼女はテレビを観ていても邪魔にならず、むしろ視聴者に心地良い印象を与えます。そういう雰囲気は、いわゆる帯番組の出演者には特に必要な要素です。いじられキャラの水卜アナは、『ヒルナンデス!』でも“いじり”にきちんと対応しつつ、ほかの出演者を気にかけながら、決して出しゃばらずに進行していますが、これは簡単にできることではありません」(北川氏)