NEW

歌舞伎町の客引きは、なぜ1カ月でごっそり入れ替わる?確実にぼったくり店行きの事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 春の足音が聞こえる季節になってきた。いわゆる、年度の区切りだ。地方に転勤する人もいれば、就職や進学のために上京する人もいるだろう。


 人の動きがあれば、職場や学校では歓迎会や送別会が開かれる。春の陽気に誘われて夜の繁華街に出れば、甘い言葉をかけてくる客引きが、次から次へと近づいてくる。

 どれも怪しげな内容だが、「もしかしたら、お得なサービスのお店もあるのでは」「誰も知らない、穴場の優良店に出会えるのでは」などという思いも頭をよぎる。

 しかし、そんなことはないと思っていい。客引きについていけば、かなりの高確率でぼったくり店に連れていかれる。なぜ、そこまで言い切れるのか。筆者は1年間、新宿・歌舞伎町に週1回のペースで出かけて、定点観測を行った。その経験から得た、客引きの真実についてお伝えしよう。

1カ月で入れ替わる、若い客引きグループ


 歌舞伎町の客引きは、大きく2種類に分かれる。若い客引きと中高年の客引きだ。

 そして、例外はあるが、なぜか若い客引きはメインストリートにいることが多く、中高年の客引きは、主に路地にひっそりと生息している。そして、彼らを1カ月ほど観察して驚いたことがある。

 メインストリートにいる若い客引きの顔ぶれが、一気に変わったのだ。いつも同じ場所でしつこく声をかけてきた客引きが消え、いつも見かけていた顔が見えない。

 さらに1カ月ほどたつと、また同じことが起きた。そう、彼らは1カ月程度しか歌舞伎町にいないのだ。その背景には、若い客引きグループを管理して、配置のローテーションを行っている組織がありそうだ。

 ためしに、声をかけてきた客引きの数人に、歌舞伎町のとある定食屋について、どの程度知っているか聞いてみた。歌舞伎町で働いたり、遊んだりしていれば、多くの人が知っているであろう有名店だが、ガイドブックやマスコミなどでは、あまり紹介されていない。

 彼らは、誰もその店のことを知らなかった。いかにも歌舞伎町に詳しいような顔をしていながら、実は、彼らは客よりも歌舞伎町のことを知らないのだ。1カ月程度しかいないのだから、それも当然かもしれない。

 しかし、なぜ客引きの顔ぶれが入れ替わるのだろうか。しかも、一斉に。一定の場所に長くいたほうが、街の知識を得られるし、働きやすいはずだ。正直、本当の理由はつかみ切れていないが、想像できることがひとつある。