NEW

熊本地震、日本の製造業が崩壊的危機突入へ…全国で生産中止地獄

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本県益城町(新華社/アフロ)

 自動車業界に悪夢が蘇ってきた。熊本県は4月14日から16日の3日間にわたって、震度6弱から最大震度7の激震にたびたび襲われた。九州には部品を含め大手自動車メーカーの主要な生産拠点が集まっている。サプライチェーン(部品供給網)が寸断されたため、操業を停止した。

 2011年3月の東日本大震災では自動車メーカーは長期間、生産を停止した。その再来となるのか。

 九州の自動車生産台数は年間約130万台で、日本全体の1割強を占める。高級車「レクサス」を生産するトヨタ自動車九州は福岡県内の宮田工場、苅田工場、小倉工場の3工場で操業を見合わせた。工場が被災に遭ったからではない。部品の供給に影響が出たためだ。小倉工場はハイブリッド車用部品を製造している。

 トヨタ系の部品大手、アイシン精機の熊本市にある子会社アイシン九州と関連工場はトヨタ自動車九州など自動車メーカー各社に車のドアやエンジンの部品を供給している。地震で工場が被災し再開のメドが立っていない。

 アイシン精機から部品を調達していた日産自動車九州も操業を取りやめた。三菱自動車もアイシン精機製のエンジン関連部品が届かず、水島製作所の工場を止めた。

 ダイハツ九州は軽自動車工場の操業を停止した。

 本田技研工業(ホンダ)は二輪車を手掛ける熊本製作所の操業を止めた。熊本製作所は国内唯一の二輪車生産工場だ。県内には部品の供給工場が多いが、地震の被害を受けた。新年度の二輪車生産計画の見直しを迫られる可能性がある。

 半導体大手、ルネサスエレクトロニクスは自動車向けマイコンの主力生産拠点である川尻工場の生産を休止した。生産再開のメドは立っていない。

 エレクトロニクス業界では熊本県菊陽町にソニーの半導体工場がある。カメラやスマートフォン(スマホ)に使われる画像センサーの主力工場で地震発生以降、生産を停止した。長崎県と大分県にある画像処理用半導体を生産する工場も生産をストップ。ソニーの画像センサーは世界シェアトップ。生産休止が長期化するとスマホメーカーなどへの影響がでる。

 三菱電機は熊本県内にある、電力制御などに用いられるパワー半導体を生産する工場と液晶モジュール工場の稼働を停止した。

 半導体装置大手の東京エレクトロンは震源地に近い合志市と大津町にグループ会社の工場がある。いずれも生産ラインを止めた。

 食品メーカーは山崎製パンが熊本県宇城市の工場の操業を停止。飲料大手のサントリーホールディングスは熊本県嘉島町にある飲料水やビール工場で影響が出て、ストップしている。