NEW

ツタヤ図書館、古本を法外な高値で大量購入!市は適正価格確認せずCCCの言い値で購入

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「多賀城市立図書館 HP」より

 5月26日付当サイト記事『新ツタヤ図書館でまた重大問題発覚!中古本を大量一括購入、本をただのインテリア扱い』、5月30日付記事『ツタヤ図書館、CCC系列店から古い実用書等のクズ本を大量購入!異常な高値でも大量購入』において、3月21日に新装開館した宮城県・多賀城市立図書館が追加蔵書を購入するにあたって作成された選書リストを入手し、その問題点について指摘した。

 多賀城市教育委員会に提出された選書リストの冊数は、合計3万5000冊。そのうち、少なくとも1万3000冊が「中古」と明記されている。そのリストから、市場価値が極端に低い中古本を購入していたことが明らかになった。昨年、多賀城市と同じくカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となって運営する佐賀県武雄市図書館と同様に、「不適切な選書問題」が再び起きていたのだ。

 多賀城市教委によれば、今回3万5000冊にも及ぶ追加蔵書購入に充てた予算は5250万円である。1冊当たりに換算すると1500円だ。すべて新刊書とした場合、予算的には少し厳しい額だが、ブッカー(ブックカバー)やバーコードなどの装備費用については別予算(1冊当たり211円、総額738万5000円)となっており、純粋に書籍代のみで5250万円用意された。

 では、新本と中古の割合や、それぞれの単価はいくらと想定されていたのだろうか。

 筆者の取材に対して市教委は、「予算請求の段階では、中古と新本の内訳はなかった」と回答していたが、情報開示請求したところ詳細が判明した。

 下の表をみてほしい。これは、市教委が2015年1月6日、CCCから図書館移転準備業務について見積書を提示されたときの添付書類である。

 これをみると、1冊当たりの平均価格は、新品が2000円、中古が1000円と明記されている。それぞれの冊数については、新品、中古ともに1万7500冊ずつの購入を予定していたことがわかる。実際に購入した中古本は全体の約3分の1だったが、昨年1月の時点では半数を中古で仕入れる計画だったのだ。

 その見積もりに合わせて、購入予算額は新品が3500万円、中古が1750万円、計5250万円となったと推測できる。

 先の記事で紹介したように、最終的にCCCサイドが提出した選書リスト中の古本は1万3000冊で、そのうち3分の1に当たる4400冊は刊行から5年以上経過したもので、1200冊は10年以上経過した、かなり古いものであった。