NEW
石野純也「モバイル戦国期」

実質0円消失のスマホ、激安でも豪華な機能満載の「狙い目」端末はこれだ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通常のカメラセンサーに加え、モノクロセンサーを搭載したファーウェイの「P9」。明るく撮影ができ、撮影後にピントの位置を変えたりできる
 大手携帯電話会社(キャリア)3社に続き、「格安スマートフォン(スマホ)」などと呼ばれるMVNO(仮想移動体通信事業者:自社でモバイル通信のネットワーク設備などを持たずに、大手キャリアの回線を一部買い上げてサービス提供する事業者)での利用を想定したSIMフリースマホも、夏モデルが出揃おうとしている。


 先陣を切ったのは、中国メーカーのファーウェイ。同社はライカとコラボし、カメラを2基搭載した「P9」を発売した。併せて、P9の廉価版ともいえる「P9 lite」も投入している。こちらは、価格が3万円を切るミッドレンジモデルで、SIMフリー端末の売れ筋。ハイエンドでメーカーとしての実力を見せつつ、ミッドレンジで実を取るという戦略だ。

 これに対し、同じ中国に拠点を置くZTEは、ローエンドからミッドレンジのSIMフリースマホを、夏の新モデルとして用意した。ひとつが、指紋センサーを搭載し、筐体に金属を採用しながら2万円台前半を実現した「Blade V7 lite」。2月にスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congressで発表されたモデルの日本版だ。もうひとつが、1万円台の「Blade E01」で、こちらは楽天モバイルからの販売も決定した。

 早くからSIMフリー市場に参入し、「P8 lite」などのヒットモデルを出し、ブランド認知度を高めているファーウェイに対し、ZTEはまだ日本では無名の存在。コンシューマーに気軽に手に取ってもらうことを重視し、この夏はローエンドからミッドレンジモデルを強化したという。

 同社はグローバルでのブランド力の向上をミッションに掲げており、フラッグシップモデルの構築にも注力している。5月には、米グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」に対応予定のハイスペックモデル「AXON 7」を発表したばかり。ミッドレンジ以下のモデルで名前を売ったあと、こうしたモデルを日本でも展開していく予定だ。

 日本での展開は未定だが、ASUSも台湾・台北で開催されたCOMPUTEX TAIPEIに合わせ、フラッグシップモデルの「ZenFone 3 Deluxe」や、ミッドレンジモデルの「ZenFone 3」、大型ディスプレイを搭載し映像や音に優れた「ZenFone 3 Ultra」を発表している。

ASUSは、ZenFoneシリーズのラインナップを刷新。「ZenFone 3」を中心に、より高機能な「ZenFone 3 Deluxe」や、大画面の「ZenFone 3 Ultra」を用意した