NEW
沢木文「アナタの隣にいる転落女子」

タワマン・セレブ妻が貧困へ転落…不倫&離婚で年収百万円台、会社で嘲笑の対象に

【この記事のキーワード】

, , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 既婚女性の婚外恋愛について取材を続けて、3年ほどになる。首都圏近郊に住む100人以上の既婚女性から性愛にまつわる話を聞いたが、そのうち80%以上がセックスレスだと感じる。セックスレスが原因で不倫して、夫から離婚されてしまったという女性は多い。また、不倫から離婚し、貧困女子に転落してしまったという人も少なくない。


 男女平等の時代とはいえ、女性の賃金は男性にくらべて低い。2015年に厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」では、男性の賃金を100とした場合に女性は70.2%という結果が出ている。長年続く構造は、簡単には変わらない。それに、女性が男性社会で働き続けるのは、女性という性の特徴(調和を大切にして競争が嫌い)を考えても負担が大きいのでは、と感じることもある。

 また、女性が非正規雇用であれば、この賃金格差はもっと広がるだろう。筆者は『不倫女子のリアル』(小学館)で高収入女性の不倫事情を取り上げたが、なかには低収入の人も多かった。

 その代表的な例が、2年前に離婚し、現在38歳で派遣社員をしている中村ミユキさん(仮名)だ。彼女の年収は200万円を切っており、東京・江戸川区内の実家に在住。両親は小さな会社を経営しているが、従業員の給料も満足に支払えないほど生活はひっ迫している。バブル期に購入した自宅は借金の抵当に入っており、ミユキさんは両親の会社の運転資金のために、なけなしの貯金100万円を差し出したばかりだという。

 筆者が2年前に彼女と出会った時、彼女は結婚していた。名門私立大学の同級生婚で、夫は官公庁に勤務。彼女は、結婚を機に勤務していたIT関連会社を退職した。そして、半年間の専業主婦生活を経て、ある製薬会社の契約社員になった。

 当時の世帯年収は、1000万円をゆうに超えていた。結婚と同時に東京・豊洲のタワーマンションを購入。筆者は遊びに行ったことがあるが、遠くに東京湾が見える眺望抜群のリビングに、ハイブランドの家具が揃えられていた。そのリッチで優雅な都会生活を心から羨望して称賛すればするほど、ミユキさんは「自分は不幸だ」と繰り返していた。

『貧困女子のリアル』

社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実。そして意外に共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする。

amazon_associate_logo.jpg

『不倫女子のリアル』

愛されたい女たちの逆襲がはじまった!?

ベッキー、宮崎謙介、桂文枝、乙武洋匡……。世間を騒がし、社会問題となりつつある“不倫”。今や芸能界以外でも不倫は横行、特に働く女性が主導権を握るケースが増えている。女性はなぜ不倫に走るのか。不倫するとなぜ世間からディスられるのか。円満な家庭でも不倫のリスクはあるのか。女性の社会進出とともに価値観や倫理観も変わってきた。実際に不倫をしている30~40代の女性へのインタビューを通して、都会型不倫の現況と社会的背景を探る。

amazon_associate_logo.jpg