NEW
危険な食の“常識”

「コラーゲン食べても美肌効果は不明」との調査結果…肌荒れの元凶・食品リスト!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

「肌に良い食べ物」と聞いて、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。おそらく多くの人は「コラーゲン」が入っているものを連想するのではないでしょうか。

 ところが、このコラーゲンについては効果の有無について喧々諤々とした論争になっています。その原因は、コラーゲンを摂取しても、それが肌を構成する成分とはならない点にあります。

 コラーゲンの有用性については、サプリメントメーカーやドリンクメーカー、製薬会社から複数のデータや論文が出されているので、一定の条件下で、一部のコラーゲンについては効果があるといえるのかもしれません。

 ただ、その論文が第3者によって正当性を証明されたり、ほかの研究機関によって同様の結論が再現されたりしなければ、「コラーゲン=美肌に有効」との科学的根拠にはなり得ません。逆に、これらの論文を科学的に否定するデータもないため、一概に効果を否定することもできません。

 ひとつ確実にいえるのは、鶏肉や豚肉、スッポン、深海魚など、コラーゲンを含む食材を多少食べたところで、肌を構成するコラーゲンが増えわけではないということです。つまり、「コラーゲン鍋」を食べても肌がきれいになるわけではありません。

 コラーゲンはタンパク質のひとつであって、基本的に体内ではアミノ酸として消化されます。そして、体内でコラーゲンが再生成されるかどうかは現時点では明らかになっていません。国立健康・栄養研究所も「コラーゲンを食べても美肌、関節に期待する効果が出るかどうかは不明」としています。

 また、たとえ体内で生成されるコラーゲンの元となる良質なコラーゲンを摂取しても、2価の鉄イオンやビタミンCが不足すればコラーゲンは生成されません。特にビタミンCは、ストレスを受けたり、砂糖を摂取すると体内で大量に消費されます。タバコの煙を浴びても同様です。そのため、日本人は慢性的に不足気味の人が多いと考えられえています。

サプリ摂取ではなく、バランスのよい食事が重要

「肌は内臓の鏡」といわれるほど、体内の健康状態が顕著に表れます。暴飲暴食をしたり、寝不足が続いたとき、強いストレスを受けたときには、肌が荒れやすくなります。また、規則正しい生活をしていても、バランスの悪い食生活をしていれば内臓が弱り、やはり肌が荒れてきます。