NEW

ソフトバンク、ギガモンスターへの疑問…千円追加で容量4倍、むしろ今まで騙されていた?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手携帯電話会社(キャリア)3社は、米アップル製「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の発売に合わせて、月額6000円で20GBの高速通信容量が利用できる料金プランの提供を開始した。従来の5GBのプランに月額1000円をプラスするだけで、4倍もの通信容量が利用できるこのサービスが提供されるまでには、どのような経緯があると考えられるだろうか。

ソフトバンクの「ギガモンスター」はなぜ登場した?


 アップルが新しいiPhone 7/7 Plusを発表した直後の9月8日、ソフトバンクは発表会を実施し、新サービス「ギガモンスター」を提供することを発表。その後、au(KDDI)が「スーパーデジラ」、NTTドコモが「ウルトラパック」と、相次いで同様のサービスを提供することを発表し、話題となっている。

 ギガモンスターなど一連のサービスについて改めて説明すると、これは月額6000円で20GBの高速通信容量、月額8000円で30GBの高速通信容量が利用可能な、新しいデータ定額サービス。従来大手キャリアで主流だった、月額5000円で高速通信容量が5GBの料金プランに、月額1000円をプラスするだけで高速通信容量が大幅に増量されるのが大きな特徴となっている。

ギガモンスターは高速通信容量が5GBのサービスに、月額1000円をプラスするだけで4倍もの容量が利用可能になる

 多くのキャリアでは、高速通信容量を1GB追加するのに1000円かかることから、毎月1GBをプラスする料金で通信容量が4倍に増えるのが非常にお得であることに間違いはない。しかしながら一方で、これまで1000円で1GBしか容量を追加できなかったにもかかわらず、突然実質的に同額で15GBも追加できるプランが登場したことから、ユーザーからは「今まで騙されていたのではないか」という声も上がっているようだ。

 ではなぜ、ソフトバンクをはじめとした大手キャリアは突如このようなサービスを提供し、容量を大幅に増やすに至ったのだろうか。最初にギガモンスターを発表したソフトバンクの動向を振り返ると、ある程度周到に用意を進め、最もよいタイミングを見計らってサービス導入に動いたことがわかる。