NEW

慶応大強姦事件だけじゃない!あの有名大学生たちの「異常すぎる」わいせつ事件簿

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
慶應義塾図書館・旧館(「Wikipedia」より/Wiiii)

 慶應義塾大学の元・公認学生団体であり、「ミス慶應コンテスト」を企画・運営する「広告学研究会」(広研)の男子学生数名による女子暴行事件が10月、「週刊文春」(文藝春秋)などの報道により発覚した。

 海の家を運営していた広研所属の学生たちが、神奈川県葉山町の合宿所に同大学の女子学生を呼び出してテキーラなどを強制的に飲ませたうえ、暴行を加え、さらにその様子をスマートフォンで撮影していたという。

 有名大学生による女子暴行事件といえば、5月に「誕生日研究会」というサークルに所属していた東京大学の学生らが、酒に酔わせた女子大生に暴行をはたらいたとして逮捕された事件も記憶に新しい。

 主犯格で強制わいせつや暴行の罪に問われていた23歳の東大大学院生の判決公判が10月25日に開かれ、懲役1年10月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の有罪判決が下されたばかり。共犯として起訴されていた東大生2人にも執行猶予付き有罪判決が下されているが、こちらの事件もエリート大学生の常軌を逸した行為に注目が集まっていた。

 同事件は飲み会後に男子東大生の自宅マンションに2人の女性を連れ込み、そのうちのひとりである被害女性に大量飲酒させ暴行を加えたというもの。女性に馬乗りになってのキス、体の一部にドライヤーの風を当てる、食べかけのカップラーメンをかけるといった行為が公判で明らかになっている。

 くしくも今年、東京大学、慶應大学という日本が誇るエリート大学学生による女子暴行事件がたて続けに起こったわけだが、同様の事件はこれまでにもしばしば起こっている。いくつかの事件を振り返ってみたい。

有名大学の事件簿


 実は、慶應大学の学生が事件を起こしたのは初めてではない。ときは1999年までさかのぼるが、同大医学部の学生が今回の事件を彷彿とさせる集団暴行事件を起こしているのだ。

 99年5月、慶應大医学部の5人の男子学生は、新宿の繁華街で催された他大学の女子大生との合コン後、新宿区内の男子学生の自宅マンションに2人の女性を連れ込み、そのうちひとりを複数人で暴行したという事件である。

 逮捕後に男子学生5人と被害女性間で示談が成立し告訴が取り下げられたため、主犯格の男子学生は不起訴処分で釈放、残り4人は当時未成年であったため身柄を家庭裁判所に送られたのみとなったが、慶應大学側はこの5人を退学処分としている。