NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

トランプ米大統領「夫人隠し」か…学歴詐称&コールガール&演説盗用&不法就労の疑惑

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドナルド・トランプ次期米大統領とメラニア夫人(The New York Times/アフロ)

 来年1月に発足する次期米政権の主要閣僚人事などで連日、ドナルド・トランプ次期米大統領の動静が報じられているが、このところめっきり影が薄くなっているのが、次期ファーストレディのメラニア夫人の存在だ。

 遊説期間中の集会やテレビ討論、あるいは当選時の勝利集会などで、トランプ氏と微笑んだり、手をつないだり、抱き合ったりと仲睦まじい様子が頻繁に報じられていたが、このところぱったりと姿を見せなくなったからだ。

 しかも、トランプ氏と安倍晋三首相のニューヨークの自宅での非公式会談には、メラニア夫人ではなくて、長女のイバンカ氏と夫のクシュナー氏が登場し、ファーストレディ役をイバンカ氏にとられた格好だ。さらに、メラニア氏はトランプ氏の大統領就任後も長男バロン君の通学のため、ニューヨークの自宅にとどまり、当面はホワイトハウスに移らないようだ。まるで、トランプ氏の“メラニア夫人隠し”といった様相を呈している。

 実はメラニア夫人には、いくつもの「ファーストレディに不適格」な理由が取りざたされているのだ。

高級コールガール説


 まず、もっともスキャンダラスな理由は、ずばり「高級コールガール説」だ。英紙デイリー・メールが今年8月、メラニア夫人の出身国スロベニアの雑誌報道を引用するかたちで、メラニア夫人が1990年代に所属していたニューヨークのモデル事務所が、富裕層向けの性的サービスを提供していたとする噂を報じたものだ。

 これに対して、メラニア夫人側は「報道内容は100パーセント事実に反する」として、同紙などに1億5000万ドル(約170億円)の賠償を求める訴えを起こした。同紙はこの記事を取り消している。

 メラニア夫人は1970年4月26日、当時のユーゴスラビア生まれで46歳。その後、同国は民族間の紛争により内戦状態になり、メラニア夫人の生まれ故郷は現在、スロベニアとして独立。メラニア夫人がウェブサイト上で発表した学歴では、スロベニアのリュブリャナ大学で建築学の学位を取得したとなっている。その後、メラニア夫人は20代の90年代半ばに渡米し、その美貌を生かして、ニューヨークのモデル事務所に所属していた。この高級コールガール説は、所属事務所が富裕者向けの性的サービスを提供したとの情報が独り歩きしたものとみられる。

トランプ米大統領「夫人隠し」か…学歴詐称&コールガール&演説盗用&不法就労の疑惑のページです。ビジネスジャーナルは、連載、トランプ大統領メラニア夫人安倍晋三首相の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!