NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

乳製品は不健康食品…中性脂肪の薬、飲むと死亡率10%増との調査結果

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 健康診断などで「中性脂肪」の値が高いと言われたら、どうしますか?

 病院へ行けば、ほぼ間違いなく中性脂肪を下げる薬が処方されます。病院で使われる薬の代表は「ベザフィブラート」「EPA製剤」「フェノフィブラート」の3つで、最後が一番新しく、もっとも多く使われています。

 しかし、この薬については、いくつかの大規模調査で重大な疑義が呈されています。ある調査では、まず糖尿病と診断された9,795人を公平に、ほぼ同数の2グループにわけ、一方にフェノフィブラート(実薬)を、また他方には偽薬(プラセボ)を毎日服用してもらいました。

 プラセボとは、本物そっくりにつくった偽薬のことで、その役割は大切です。せっかく2つのグループにわけても、一方にだけ薬を飲ませると、他方の人たちは薬がないことで不安に駆られ、こっそりサプリを飲んだり、運動に励んだりするかもしれません。そんなことが起こらないようにするのがプラセボの役割です。

 さて5年後、両グループの人たちの健康状態が比較・分析されました。その結果、実薬グループでは356人が、またプラセボ・グループでは323人が、なんらかの原因で死亡していることがわかりました。本物の薬を飲んだ人たちのほうで死亡率が10%以上も高いという驚くべき結果だったのです。

 統計学と呼ばれる理論によれば、このような差が誤差範囲なのか、あるいは確かな差なのかを計算で判定できますが、このデータの場合、確かな差ではなかったようです。しかし少なくとも、この薬で長生きできないことは証明されたといえるでしょう。

 時間をかけて病院に通い、お金をかけて薬を飲み続けるのは、健康で長生きしたいからです。だとすれば、この薬を飲み続ける意味がわからなくなってしまいます。いったい、なぜこんな薬が認可されているのでしょうか。その陰には、さまざまな大人の事情がありそうですが、どの薬にも共通していることから、今後の本連載のなかでじっくり検証していくことにします。

乳製品は不健康食品の代表?


 海外で行われた多数の調査から、中性脂肪値が高いだけでほかに異常がなければ、将来、病気になることはないことがわかってきました。

 中性脂肪値が高くなるのは、体質に加えて生活習慣にその原因があります。中性脂肪値の異常は、生活習慣を改善するだけで治すことができるのです。

 そのためには、中性脂肪値を上げやすい食品をまず覚えておく必要があります。

乳製品は不健康食品…中性脂肪の薬、飲むと死亡率10%増との調査結果のページです。ビジネスジャーナルは、連載、中性脂肪乳製品牛乳の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!