NEW
森由香子「間違いだらけの食」

「歯を溶かす」危険高い飲み物リスト10!飲んだ後に歯磨きせず寝るのは絶対NG!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 最近、熱いものや冷たいものを口に入れたときに、しみたり、歯の表面が黄ばんで見えたりすることがありませんか?

 もしかすると、それは「酸蝕歯」(さんしょくし)かもしれません。

 歯の病気といえば、虫歯を思い浮かべる方も多いでしょう。虫歯は、虫歯菌が甘いものに含まれる糖類から酸をつくりだし、その酸が歯を溶かしてしまうことで起こるのは周知の事実です。ところが、酸蝕歯は甘いものではなく、酸性度の高い飲み物が日常的に歯に触れることで、その酸が歯を溶かすことで起こります。

 飲み物の酸性度を示す指標にpH(ペーハー、ピーエイチ)があります。歯が溶け始めるのは、pH5.5以下の飲み物に歯が触れたときです。

 pHとは、水溶液中の水素イオン濃度を表す指数で、酸性、アルカリ性を示す値です。pH7は中性を意味し、7よりも小さい数値ほど酸性、酸性度が強く、逆に7よりも数値が大きいほどアルカリ性、アルカリ度が強いということになります。

 口の中のpHは通常、唾液の力によって中性(pH7)に保たれています。歯は酸性を示す食物に長い時間触れていたり、唾液の分泌量が少なかったり、酸性の状態が持続すると、溶けてしまうことがあります。

 歯は、その表面がエナメル質、その内側は象牙質でできています。ちなみに、エナメル質は体の中で最も硬い部分で、骨よりも硬く歯を守っています。そんなに強いエナメル質も、pH5.5以下の飲み物が歯に当たることで溶け出してしまいます。

 しかし、そのときに唾液の力が十分に発揮できれば、歯が溶けなくてすみます。通常、短時間触れるだけなら、pH5.5以下の飲み物が歯に触れても唾液の力で修復されるので、問題ないとされています。

 歯が溶けた状態になるのは、pH5.5以下の飲み物に長い時間、歯が触れることで起こります。長時間になると、中性にする唾液の力が追いつかなくなり、その結果、歯の表面のエナメル質が溶け始めてしまいます。

正しい生活習慣が大切


 では、pH5.5以下のおもな飲み物をご紹介いたします。

・栄養ドリンク:pH2.5~2.8
・酎ハイ:pH2.5~2.8
・赤ワイン:pH3.4
・白ワイン:pH3.3
・野菜ジュース:pH3.9
・飲むヨーグルト:pH4.1
・ビール:pH4.0~4.3
・日本酒:pH4.4~4.9
・トマトジュース:pH5.0
・ウイスキー:pH5.0

「歯を溶かす」危険高い飲み物リスト10!飲んだ後に歯磨きせず寝るのは絶対NG!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、健康寿命虫歯飲み物の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!