NEW

正月用の千円のかまぼこ、なぜボソボソで不味い?加工デンプンまみれ、3カ月冷凍…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 正月以外は、かまぼこが食卓に上る回数は減ってきておりますが、筆者はヘタに解凍したマグロの刺身よりも、おいしいと思っています。そば店で、注文したそばが出てくるのを待っている間、板わさをつまみにして日本酒のぬる燗を飲むと「日本人でよかった」としみじみ思います。

 かまぼこは、魚のすり身でできています。魚を三枚に下ろして、すり鉢ですって塩を混ぜ、板の上に乗せて蒸し上げれば完成です。

 製造方法が単純な製品ですので、かまぼこの味、食感は魚の種類、すり身の製造方法で決まってしまいます。すけそうだら、鯛、グチ等の魚が主に使用されています

『スーパーで買っていい食品 買ってはダメな食品 ―食の現場のホントのところがわかる本』(河岸宏和/さくら舎)
「船上すり身」といわれる、釣った魚を船の上で加工してすり身にしたかまぼこは非常に美味です。しかし、一般的には「陸上すり身」といわれ、スケソウダラ、ホッケ、イトヨリダイ、タイ、アジ、イカ等を、陸揚げした後に工場ですり身に加工します。

 鮮度、品質の良いすり身を使用すると、プリプリのかまぼこができます。逆に、品質の悪いすり身を使用すると、食感が悪くなりやすいのです。その場合、卵白、小麦粉、加工デンプンなどを使用して食感を良くするのです。

 しかし、鮮度の良いすり身を使用したかまぼこと、デンプン等を加えたかまぼこは、食感やうまみが大きく異なります。おいしいかまぼこを食べるためには、値段よりも原材料表示をよく確認して、でんぷんや卵白の含有率が低く、加工デンプンが配合されていない商品を選ぶことが大切です。

 ちなみに、かまぼこが一番売れるのはおせち料理を準備する年末です。かまぼこメーカーは、10月くらいから正月用のかまぼこを製造し、凍結して年末まで保存します。その製品には、解凍後の賞味期限をすでに表記してあります。

 凍結、解凍を経たかまぼこは、凍結していない物よりも食感が劣ります。正月にしかかまぼこを食べない方は、あまりおいしくない食べ物と認識しているかもしれません。正月用のかまぼこは、1000円以上する商品がほとんどです。スーパーマーケットの売り場で購入するときには、「このかまぼこは、できてから凍らせていませんか」と必ず確認してください。凍らせたかまぼこでは、ぼそぼそして本来のおいしさを味わうことができません。

 クリスマス前までに購入すると、製造されてから長期間凍結されていないおいしいかまぼこが、安く手に入る可能性が高いのです。
(文=河岸宏和/食品安全教育研究所)

『スーパーで買っていい食品 買ってはダメな食品 ―食の現場のホントのところがわかる本』

本書は食品を「作る・運ぶ・売る」現場の裏事情にくわしい“食品のプロ"が、本音で明かす食品の買い方。
たとえば消費・賞味期限の表示を見て、新鮮なものを買ったつもりでも、じつはその食品はスーパーのバック
ヤードで再加工されて、新しい日付をつけ直されている。食品期限の表示はスーパーが適当に決めているのだ。
多くの裏情報が満載! !

amazon_associate_logo.jpg

正月用の千円のかまぼこ、なぜボソボソで不味い?加工デンプンまみれ、3カ月冷凍…のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、おせち料理かまぼこ正月の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!