NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

「自民党が先だ!」「はよ撮れや!」天皇お見送り後、与野党議員が集合写真で怒鳴り合い

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通常国会開会式での天皇陛下(写真:AP/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 1月20日から第193通常国会が始まりました。今年の開会式の傍聴券は、開会10日前の議院運営委員会(議運)で日程が確定後、すぐに既定の枚数に達してしまったそうです。開会式には天皇陛下がご臨席されるからですが、参議院の議運職員が「自分の経験上、初めてのこと」と驚いていました。

 開会式は天皇陛下の御席のある旧貴族院、つまり参議院の本会議場でのみ行われます。席が460しかないため、出席議員が多いときは通路まで人があふれます。昨年、生前退位の意向を公表されたこともあり、「今上天皇が臨席される開会式を一目見たい」と傍聴の申し込みが殺到したのでしょう。

 開会式は会議ではなく「式典」なので、原則として一般の方は傍聴できないのですが、紹介議員を通じて参議院の議運に申し込むことができます。この申し込みをするのも、秘書の役目のひとつです。

 例年は、席がいっぱいになるまで数日かかります。そのため、支援者からの申し込みに「わかりました、用意しますね」と答えたものの、議運に問い合わせたら「キャンセル待ちでも可能性はない」と言われて頭を抱えていた秘書もいました。国民の天皇陛下への思いが伝わるエピソードだと思います。

国会議事堂の「開かずの扉」が開いた開会式


 開会式は重要なセレモニーなので、和装で出席する議員も目立ちます。本連載前回記事で少し触れましたが、和装振興議員連盟の主催で全国会議員に着付けや着物レンタルの案内がされるからです。今年も、開会式後には華やかな和装姿の議員たちが国会議事堂の正面に集まりました。やはり、和装はいいものですね。

 和装姿の議員たちが陛下をお見送りした後に、普段は「開かずの扉」と呼ばれている国会議事堂の正面玄関を背景にして、集合写真の撮影がありました。この扉は、開会式の日に陛下のみが出入りされる特別な入口です。開いているところを見ると、特別な時間に立ち合えているという“秘書特権”に感動すら覚えます。

 今年は、陛下のお見送りの場に秘書の姿も多くありました。いつもは議員事務室で仕事している秘書たちも、陛下を見送るために雪の舞う寒空のなかを出てきたのです。実は、神澤もそんな秘書の1人でした。

 陛下のお出迎えから開会式、お見送りまでの式典は厳かで、白バイやSP、参議院・衆議院の衛視や職員の連携プレイがとてもかっこよかったです。いい思い出となりました。

「自民党が先だ!」「はよ撮れや!」天皇お見送り後、与野党議員が集合写真で怒鳴り合いのページです。ビジネスジャーナルは、連載、国会国会議事堂大相撲天皇陛下稀勢の里自民党の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!