NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

「安いジェネリック医薬品はトク」への根本的疑問…先発品と「まったく同じ」は誤解?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回はジェネリック医薬品のお話で盛り上がっています。まず“常識君”の解説です。

「ジェネリック医薬品とは『後発薬』ともいわれています。製薬会社が開発した医薬品は『先発薬』といわれますが、その特許が切れた後に、同じ成分のものを作製し、そして生物学的同等性試験に合格したものが、ジェネリック医薬品として販売されます。価格は先発薬の70%以下で、安いものでは20%近いものまであります」

 そこで、“極論君”の意見です。

「この前、薬局でもジェネリック医薬品を勧められました。薬剤師の先生は『今飲んでいる薬と同じ成分だから、安いほうがいいですよ』と言っていました。そこで変更できるものはすべてジェネリック医薬品にしてもらいました。これからもすべてジェネリック医薬品を飲もうと思っています」

“非常識君”が質問します。

「本当にジェネリック医薬品は、先発薬と同じだと思っているのですか?」

 極論君の答えです。

「薬剤師の先生が『まったく同じ成分だから』と言っていましたよ」

 非常識君のコメントです。

「ジェネリック医薬品は先発薬の特許が切れた後に、先発薬を真似てつくられています。もちろん特許で押さえられていた部分は同じです。正真正銘のマネをしているわけですからね。ところが、それ以外の部分は、つまり材料や製造方法は違うかもしれませんよ。例えていえば『あんパン』です。僕はあるメーカーの『あんパン』が大好きです。ジェネリック医薬品とは、『あん』は老舗のメーカーと同じですが、『パン』には一切同じものという保証はありません。また、ちょっとした味付けの『胡麻』も大切ですよね。つまり、ジェネリック医薬品とは主成分が同じで、ほかは違う可能性があるのです。つまり薬剤師の先生の『ジェネリック医薬品は先発薬とまったく同じ』という謳い文句は、まったく間違いですよ」

ジェネリック医薬品と先発薬は別物


 常識君のコメントです。

「でも価格が安いのです。それはすごい魅力です」

 非常識君の意見です。

「まずどれぐらいの価格差があるかをしっかり聞いて、そして同じものではないという認識を持って、ジェネリック医薬品を選ぶか、先発薬を選ぶか決めればいいのです。そして実際にジェネリック医薬品を飲んでみて効果に差がなければ、安いほうがいいでしょう。しかし、効果に差があると思えるときは、先発薬がいいと思います」