NEW

日産ゴーン社長の電撃退任、3つの密かな理由…「傀儡政権」確立で実質的社長に君臨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(写真:東洋経済/アフロ)

 日産自動車カルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)が退任して、4月1日付で代表取締役会長に就く。後任の社長には、昨年から共同CEOとして権限の委譲を受けていた西川廣人氏が就任する。日産の社長交代は17年ぶりだ。

 ゴーン氏が交代する狙いは3つある。

グループ経営の強化


 ひとつは、グループ経営の強化だ。ゴーン氏は現在、ルノーと日産の社長兼CEOに加え、昨年買収した三菱自動車工業の代表取締役会長を兼任している。ルノーと日産については、日々の経営執行の総括的な責任を負っている。日産の執行トップから離れることで、スケジュールに余裕ができるため、グループ全体を俯瞰する仕事に充てる見通しだ。

 ゴーン氏はますます競争が激化する世界の自動車産業を見渡しながら、グループの経営戦略の方向性を指揮する。ルノー、日産、三菱自の3社合わせた2016年のグローバル販売台数は約996万台。世界1位の独フォルクスワーゲン(VW)が1031万台、2位のトヨタが1017万台、3位の米ゼネラルモーターズ(GM)が1000万台であり、世界のトップ集団の背中が見えている。

 ゴーン氏は在任中に世界1位の自動車メーカーになる「野望」を持つといわれている。身軽になったゴーン氏は今後、買収戦略を仕掛け、その「野望」の実現に向けて動く可能性が高まった。

コーポレートガバナンスの問題


 2つめの理由は、コーポレートガバナンスの問題だ。ルノー、日産、三菱自の3社で経営トップを務めることについては、同業他社や有識者の間から「利益相反ではないか。ニューヨーク証券取引所であれば認められない兼業。日本の株式市場はなめられているのではないか」といった批判も出ていた。

 特に日産とルノーでは日々の経営を判断する執行のトップであり、両者の協業でシナジー効果を生んでいるとはいえ、ルノーの経営にとってプラスなことが必ずしも日産にメリットを生まないケースもある。たとえば、ルノーの生産量が減った際に日産の工場から車種を移管すれば、日産の生産量が落ちて決算に影響することもある。日産の執行のトップを降りることで形式上は日々の経営からは離れるため、こうした批判をかわすこともできる。

日産ゴーン社長の電撃退任、3つの密かな理由…「傀儡政権」確立で実質的社長に君臨のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、カルロス・ゴーン社長兼CEOトヨタ自動車日産自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!