NEW

ツタヤ図書館、利用者にTポイント付与&会員情報をCCCへ送信が発覚…市議会に波紋

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高梁市立図書館 HP」より

 3月7日付当サイト記事『ツタヤ図書館、利用者にTポイント付与で波紋…CCCを選定した教育委員長が館長に天下り』で報じたように、2月4日に開館した岡山県高梁市の新図書館で、レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、市の委託を受けて同館の指定管理者となったにもかかわらず、市議会の承諾なしにTポイント制度を導入していた。この事件は、高梁市議会関係者たちにも少なからぬ衝撃を与えた。

ツタヤ図書館が利用者へTポイントを付与することは、お金と同様の価値のあるものを、図書館を利用するたびに与える行為に等しいのです。図書館は、子供も利用する施設ですから、いわば“餌付け”しているようなものです」

 都内のある図書館関係者は、思わずこう漏らした。“餌付け”という言葉に、この事件の核心が込められている。導入されたのは、ポイントを餌として、子供たちも含め図書館に集まってくる市民の個人情報を、CCCが収集することが可能な制度だからだ。

 なぜ、このような事態が起きたのか。今回は、事態の推移を追って検証してみたい。

 下の図は、2015年3月12日に開催された高梁市議会での答弁の一部を引用したものである。

 ある議員がTカードについて、「先行する武雄市では、個人情報の問題等でさまざまな議論がされている。高梁市ももっと慎重に検討しなくてはいけないのではないか」という趣旨の質問を行った。それに対して教育次長は、その不安を打ち消すかのように「(Tカードについて)以前、図書の貸し出しにもTポイントをつけるのかというような御質問もあったと思いますが、高梁市ではそれは採用いたしません」と答弁している。

 このような経緯から、市議会関係者の多くは「利用者の希望によって、Tカードも使えるが、ポイント付与はしないため個人情報の問題は起きない」と受け止めていた。

 それにもかかわらず、実際に新図書館がオープンすると、「Tカードで自動貸出機を利用した場合に限り、Tポイントが1日1回3ポイント付与される」ことになっていた。これについて、市議会関係者は“騙し討ち”だと憤る。

 ちなみに、この議会開催の2カ月前に、高梁市はCCCと新図書館の施設整備に関する「基本合意書」を締結していて、おおまかな方向性は決まっていたものの、まだ正式な決定は何も出ていない状態だった。



ツタヤ図書館、利用者にTポイント付与&会員情報をCCCへ送信が発覚…市議会に波紋のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、CCCTポイント制度ツタヤ図書館の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!