NEW

任俠団体山口組・織田絆誠代表の生き様を考察…ケンカは超一流、性根は「生粋の極道」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸山口組若頭代行時代の織田代表のインタビューも掲載されている『山口組分裂「六神抗争」365日の全内幕』(宝島社)

神戸山口組分裂が分裂し、任俠団体山口組が誕生してから早くも3週間が経とうとしている。この間、さまざまな情報が錯綜する中、多くの人が共通して興味を持ったのが、今回の騒動の中心人物である任俠団体山口組の織田絆誠代表だろう。神戸山口組・井上邦雄組長の腹心といわれた人物でありながら、親分と袂を分かち新団体を設立。山口組の再統一を目指すという。そんな織田代表とはどんな人物で、どんな道を歩んできたのか。元山口組二次団体最高幹部で、現在は作家活動を行う沖田臥竜氏がその姿を書き下ろす。
 
 筆者の知り得る限り、極道になるためにこの世に生を授けられたと思う男にこれまで出会ったことがない。たった一人の俠(おとこ)を除いて。
 
 8年前、筆者が服役中であった大阪刑務所。その人物は、刑務所内のグラウンドの一塁側中央に腰を下ろし、ただならぬオーラを放ち続けていた。彼こそが現在、社会の表裏両面からスポットライトが照らされている、任俠団体山口組の織田絆誠代表であった。
 
 1966年10月23日に大阪で生まれた織田代表は、十代の頃から同級生の不良グループの中では抜きん出た存在であったと、当時の織田代表を知る関係者は話している。その頃にはすでに、将来は極道として生き様を刻むという決意を周囲に語っていたらしい。

 その宣言通り、84年頃に稼業入りし、約4年後に「ケンカ、負け知らずの倉本組」と謳われた倉本広文組長率いる初代倉本組の門を叩いたといわれている。さらに、その2年後に勃発した山口組抗争史に名を刻む「山波抗争(五代目山口組弘道会と大阪・波谷組との間で起こった、組員の引き抜きに端を発し勃発した抗争)に参戦し、12年の社会不在を余儀なくされ、徳島刑務所に服役したのだった。
 
 徳島刑務所とは、主に8年以上の懲役を言い渡された長期服役者を収容しているLB級と呼ばれる刑務所の中でも、犯罪傾向の進んだ者や暴力団関係者を多く収容している施設として有名である。織田代表が入所した当時の徳島刑務所には、そうそうたる面子が服役していた。
 
 大阪戦争(1970年代に三代目山口組と松田組(解散)との間で約3年にわたり繰り広げられた抗争事件)での功労者の一人といわれる、のちの神戸山口組・井上邦雄組長(四代目山健組組長)。その抗争で井上組長にそれ以上の類が及ばないように、大阪府警の激しいヤキ(取り調べ)にも沈黙を守り続けた山本國春・元四代目山健組若頭。そのほか、すでにプラチナ(山口組直系組長)であった古川雅章・初代古川組組長。山健組の由緒正しき伝統ある組織の姿を後に受け継ぐ五代目健竜会・中田広志会長や五代目豪友会・加藤徹次会長。六代目山口組分裂の渦中に自らのその身体でケジメ(自決)を果たしたといわれる、三代目倉本組・河内敏之組長などの親分衆が服役していたのだ。
 
 そんな徳島刑務所の中でも、若き日の織田代表の気性の荒さ、凶暴さは当局も手に負えないほどで、旭川刑務所へ不良移送するほどであったといわれている。

任俠団体山口組・織田絆誠代表の生き様を考察…ケンカは超一流、性根は「生粋の極道」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、任侠団体山口組六代目山口組神戸山口組織田絆誠の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!