NEW

長銀破綻とバブル崩壊、今明かされる真相…「失われた10年」を呼んだ一人のリゾート王

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧日本長期信用銀行本店(「Wikipedia」より)

【訃報】旧・日本長期信用銀行(現・新生銀行)頭取を務めた大野木克信(おおのぎ・かつのぶ)氏が5月10日、死去した。80歳だった。

 大野木氏は東京大学農学部を出た異色の経歴だ。1959年に日本長期信用銀行に入り、国際部門や企画部門を歩いた。95年、イ・アイ・イ・インターナショナル向け融資の焦げ付きで引責辞任した堀江鐵彌氏の後任として頭取に就任した。

 大野木氏はバブル期に抱えた巨額の不良債権の処理に取り組んだ。スイス銀行(当時)と業務資本提携して苦境を脱しようとしたが、スイス銀行が突然、業務提携を反古にし、市場で長銀株を大量に空売りした。これをきっかけに200円(額面50円)前後だった長銀株はあっという間に50円を割り込み、経営危機が表面化した。大野木氏は98年9月に退任。同年10月に長銀は経営が破綻し、一時国有化された。

 頭取退任後の99年に、98年3月期の粉飾決算に絡み、証券取引法違反(有価証券報告書虚偽記載)などの罪で、元副頭取2人とともに起訴された。一審、二審は執行猶予付きの有罪判決だったが、2008年の最高裁判所判決で逆転無罪となった。

 最高裁で無罪とされた大野木氏ら3人は、いずれも事後処理にあたった経営者だ。後述する杉浦敏介氏の後処理という損な役回りを演じた。それでも大野木氏が、不良債権飛ばしや粉飾決算で墓穴を掘った張本人であることに変わりはない。

 いずれにしても、彼らを逮捕・起訴した国策捜査に、そもそも無理があった。捜査当局は、旧経営陣が行った乱脈融資を特別背任罪で立件するつもりだったが、バブル期の無謀な融資と、捜査に着手した時期に時間的な隔たりが大きく、特別背任罪の公訴時効(当時5年)の壁が立ちはだかった。

 長銀の破綻処理に巨額の税金が投入されたため、「刑事訴追できません」では世間は納得しない。そこで、粉飾決算で立件したのだ。大野木氏ら3人はスケープゴートにされたわけだ。逆転無罪をかち取った大野木氏は11年から14年まで、霊園開発を手がけるニチリョク(ジャスダック上場)の社外取締役を務めた。

長銀破綻とバブル崩壊、今明かされる真相…「失われた10年」を呼んだ一人のリゾート王のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、住友信託銀行新生銀行日本長期信用銀行粉飾決算の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!