NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

豊田真由子、現在もスタッフを罵倒…未公開の「怒号」音声データが大量に存在

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
謝罪会見を行う豊田真由子氏(写真:日刊現代/アフロ)
「このハゲー!」ですっかり有名になった後に行方をくらまし、約3カ月の時を経て、「文藝春秋」(文藝春秋)や記者会見で涙ながらに自らの正当性を主張した豊田真由子氏。「次の総選挙に出ませんと申し上げているわけではなく……」と出馬もにおわせた。


 しかし、彼女を知る国会議員や秘書たちは「嘘ばっかりで、あきれてものも言えない」と憤慨しているという。

 その証拠に、9月25日には公設第二秘書の女性が退職を決意したことも報道された。この第二秘書は、一連の報道を受けて豊田氏が入院した後の事務所を守ってきたが、それについて豊田氏から謝罪やねぎらいの言葉は一切なかったという。

 国会議員秘書歴20年以上のベテランである神澤志万が、豊田氏への思いを綴った。

謝罪会見終了後にスタッフを罵倒か


前略

豊田真由子様

 衆議院が解散され、総選挙は10月10日公示、22日投開票となりました。

 9月に入ってから、引退を表明されたベテランの衆議院議員の方もいらっしゃいます。先生方の功績を思い起こすと、感無量です。「長らく、日本のためにありがとうございます。お疲れ様でした」と申し上げたいです。

 でも、豊田先生は引退を表明されないのですね。予想はしていましたが、私たち永田町の秘書はあきれるばかりです。衝撃的としかいいようのない「このハゲー!」の音声公開から3カ月間の雲隠れの果てに、突然メディアの取材に応じ、自分を正当化するような話をされたことには驚きました。それに対して、秘書たちは「ちーがーうーだーろー」と言っていますよ。

 矛盾だらけの記者会見は、真の姿を知っている秘書たちからすると、“茶番”でしかありませんでした。会見中、時折涙ぐみ「めまいがする」としゃがみこんでいたのに、終了後はスタッフに強い口調で文句を言っているのを見ていた人もいます。さすがに「このハゲー!」は出なかったようですが……。

 9月25日に、公設第二秘書のAさんの退職が報道されました。とても残念ですが、予想はしていました。ただし、報道がAさんの意思に基づくものかどうかは疑問がありますが。

 6月に「週刊新潮」(新潮社)で秘書への暴行や暴言が報じられた後で、豊田先生が音信不通となった3カ月間、Aさんはずっとメディアや支持者への対応に追われていました。政策秘書で青森県板柳町町議会議員の松森俊逸氏と、その妻で第一秘書のCさんにも取材が殺到しました。

「豊田先生とは連絡が取れない」と言っても、信じてはもらえなかったでしょう。とても大変だったと思います。

 でも、突然メディアの取材を受けるために出てきた豊田先生は、Aさんに謝罪もねぎらいの言葉もなかったそうですね。これでは、どんな秘書もすぐに辞めてしまいますよ。

「文藝春秋」のインタビューでは、辞めた秘書の数を「15名程度」とおっしゃっていますが、この3カ月ですでに、「新潮」報道にあった政策秘書のBさん、松森氏、そしてAさんと、3人も公設秘書が辞めています。以前はもっと辞めていたし、クビにしたこともありますね。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

豊田真由子、現在もスタッフを罵倒…未公開の「怒号」音声データが大量に存在のページです。ビジネスジャーナルは、連載、国会議員秘書自民党豊田真由子選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!