NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

希望の党、若狭氏に小池代表がテレビ出演自粛要請か…細野氏とも対立で内部分裂の様相

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
希望の党の小池百合子代表(左)と若狭勝氏(右)(写真:日刊現代/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


「もうテレビに出ないでください」

 希望の党小池百合子代表が、同党の若狭勝氏にそう命令したという話が出ています。若狭氏が、小池代表の出馬および政権交代について「次の次ぐらい(の衆院選)のとき」と発言したことが理由のようです。

 なぜ、わざわざ選挙を戦う方々のモチベーションを下げるような発言をするのか、さっぱりわかりません。もちろん、小池代表はこの発言を打ち消すかのように「政権交代を目指す」と明言しました。

「希望の党、俺たちには絶望だよ!」


 すでに希望の党の内部もグチャグチャなわけですが、今回の「国難突破解散」によって、衆議院だけでなく全国で大混乱が続いています。都民ファーストの会からは離党を検討する都議会議員も出ており、これからも増えることが予想されています。

 公示は10月10日です。「まだ間に合う」と思っているのは小池代表のほか数名だけで、実際にはいろいろなものが間に合わないでしょう。3日に、ようやく第1次公認候補が発表されましたが、今後も波乱が起きそうです。

 そもそも、選挙は立候補者が決まらないとほかのことが何も決まりません。事務所の看板や街宣車の表示に党名や「○○推薦」を入れるのかどうか、ポスターはどうするのか……。どこの公認かによって、キャッチフレーズも変わってきます。

 また、希望の党にはそもそも出馬自体が危うい候補者陣営もあります。そんななか、前回の落選から約3年、地道に捲土重来を期してきた多くの陣営は「何が希望の党だよ。俺たちには絶望だよ!」と嘆いています。

 民進党から出馬予定だった候補者は本当に大変です。出馬できる環境を整えてもらえないのであれば、せめて早い時期に伝達がほしいところですが、それもありません。候補者の心情すらケアできない希望の党に、国民の未来の希望なんてありません。

 政見放送もどうなるのでしょうか。希望の党は小池代表が党の宣伝をする程度で、選挙区の候補者は紹介もしないつもりなのでしょう。

 さらに、希望の党のセコさは苦笑しかありません。候補者に500万円の寄付、つまり上納金を要求しています。また、候補者は選挙に出馬するための供託金(300万円)も負担しなければなりません。これは公示までに法務局に供託することが必要なのですが、今回は祝日があるために実質的に6日までに済ませておく必要があります。そんななか、党代表とのツーショット撮影まで有料にするなんて、前代未聞です。これでは、政党の意味がないですよ。

永田町で若狭勝氏の評価が低いワケ


 強引に衆院を解散した安倍晋三首相や、それに乗っかって全国を混乱させている小池代表の破壊力にはびっくりですが、神澤は若狭氏もひどいと思います。“超上から目線”で、民進党から合流する候補者の足元を見て交渉しているようです。

 若狭氏は「元特捜検事」という肩書きが売りですが、同じく検察官だった郷原信郎弁護士は、以前から「若狭氏の検事時代のダメダメっぷり」を指摘しています。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

希望の党、若狭氏に小池代表がテレビ出演自粛要請か…細野氏とも対立で内部分裂の様相のページです。ビジネスジャーナルは、連載、小池百合子希望の党秘書若狭勝豊田真由子選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!