NEW

前原代表、解党採択時に民進党内へ虚偽説明か…排除された元議員が「裏切られた」と告発

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立憲民主党の初鹿明博氏
 民進党が分裂するかたちで結成された立憲民主党。代表に就任した枝野幸男氏が広く参加を呼びかけるなかで、いち早く創立メンバーに加わったのが民進党を離党した初鹿明博氏だ。


 激戦が予想される東京16区で当選を目指す初鹿氏は、「自民党の対抗軸になり、政権交代が可能な立憲民主党に育てなくてはならない」と決意を新たにする。

 9月28日に行われた民進党の両院議員総会で、前原誠司代表は何を話したのか。希望の党の公認をめぐる「踏み絵問題」の是非、立憲民主党の目指す姿や今後の政策はどのようなものか。初鹿氏に聞いた。

「一夜にして裏切られた」


――民進党を離党し、枝野代表の呼びかけにいち早く応えるかたちで立憲民主党の創立メンバーになりました。その思いについて、お聞かせください。

初鹿明博氏(以下、初鹿) 当時の民主党と維新の党が合併して、民進党が誕生しました。それ以降、野党第一党として活動し、「自民党の対抗軸にならなければいけない」という思いで活動してきました。2016年3月の結党以来、みんなで綱領、基本理念、政策を練り上げてまいりました。

 しかし、今年9月28日に前原代表が両院議員総会の席上で民進党は希望の党に合流することを表明。全会一致で採択し、事実上の「解党」となりました。

 前原代表からは「民進党の議員みんなで参加し、政策も丸ごと持っていき、名を捨てて実を取り、安倍政権を打倒するために候補者も一本化する」との説明があったため、「それならば、みんなで参加しよう」という思いがあり、私も賛同しました。

 このとき一瞬、「安倍政権に対抗し得る政党ができる」との期待を持ちました。当然、その場にいた多くの議員が「民進党全員で行くのだから、民進党の綱領、基本理念、政策も希望の党に反映できるのだろう」と思ったことでしょう。しかし、それが一夜にして裏切られたのです。

――翌日には、いわゆる「排除リスト」の存在がささやかれました。また、希望の党には安全保障や憲法改正などについて“反民進党”的な政策が並び、それらに同調することが公認の条件とされました。いわゆる“踏み絵”です。

初鹿 先に民進党を離党した細野豪志氏と長島昭久氏は、いずれも安全保障関連法については「こんな憲法違反の疑いが強い法律は認められない」という立場でした。自民党を離党した若狭勝氏も、採決を棄権しています。

 希望の党の小池百合子代表の持論はともかくとして、構成員のみなさんは「安全保障関連法は憲法違反、あるいはその疑いが強い」との考えでしたが、それがたった1日で賛成に転じるとは、夢にも思いませんでした。

 希望の党は「これらの“踏み絵”を踏まなければ公認しない」と言い出し、いわゆる「排除の論理」を明確にしたわけですが、これには驚いたというよりあきれました。希望の党の考えには、とても賛同できない。それが、私が希望の党に参加しなかった理由です。

前原代表、解党採択時に民進党内へ虚偽説明か…排除された元議員が「裏切られた」と告発のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、初鹿明博小池百合子希望の党民進党立憲民主党選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!