NEW
今だからこそ知っておくべき「ビットコイン投資」入門講座(2)「ビットコインの買い方」

ビットコイン、絶対NGな保存方法とは?ハッキングされる危険が激増

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社フィンテックパートナーズ代表取締役の藤田篤示氏
 近年、徐々に認知度が上がり、今や社会現象として「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を見聞きするようになった。特に、2017年12月のビットコインの価格急騰、18年1月に起きた仮想通貨取引所・コインチェックのNEM(ネム)の流出騒動で、仮想通貨投資をめぐる話題は大きな波紋を呼んだ。


 しかし、何かと波乱含みの一方、「億り人」と呼ばれるような仮想通貨長者も生まれていることから、仮想通貨投資に興味を持っている人はまだまだ多いだろう。「興味はあるけれど、どうしよう……」と思っている人ほど、この機会に仮想通貨の基本を知り、足を踏み入れるかどうかを考えてみてはどうだろうか?

 そこで、ブロックチェーン構築事業や暗号通貨情報サイト「fintech info」の運営を手掛ける、株式会社フィンテックパートナーズの代表取締役で、『世界一やさしいビットコインの授業』(産学社)の著者である藤田篤示さんに、ビットコインやブロックチェーン、そして仮想通貨投資について「入門講座」としてお話をうかがった。

 第2回となる今回は、基本中の基本である「ビットコインの買い方・使い方・保存の仕方」を教えてもらう。

<第2回:ビットコイン初心者の「買い方」「使い方」「保存の仕方」>

――ビットコインはどうやって買えばいいのですか?

藤田篤示さん(以下、藤田)「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Zaif(ザイフ)」などのインターネット上の取引所で買えます。なので、まずはパソコンかスマホで取引所に入って登録申請をします。その審査に通れば、仮想通貨の売買などができるようになります。

『世界一やさしいビットコインの授業』(産学社/藤田篤示)
――取引所の登録前に用意しておくものはありますか?

藤田 日本の場合、仮想通貨の取引所を開くためには「仮想通貨交換業」という金融庁のライセンスが必要になっていて、顧客管理が厳しく行われています。そのため、どの取引所へ登録するのにも、利用者の本人確認ができるものが必要になってきます。

 具体的には「身元確認証」と「日本の住所」です。「身元確認証」は、免許証、パスポート、マイナンバーカードなどです。住所は身元確認証に記載されているはずなので、身元確認証が手元にあれば大丈夫です。

――取引所はどのように選べばいいですか?

藤田 今、取引所は国内にも多数ありますが、初心者ほど信頼性が高いところを選ぶのが無難だと思いますね。金融庁が仮想通貨交換業の認可をした取引所は、金融庁がチェックを入れているという意味ではセキュリティ面でも信頼ができると思います。

 海外の取引所を使うこともできますが、英語ができる必要がありますし、日本ほど認可や審査が厳しくないので、安全性と利便性を考えるなら日本の取引所で始めるほうがいいでしょう。取引所はいくつでも登録できるので、仮想通貨の取引に慣れてきた段階でほかの取引所を使い始めるというのも、選択肢としてはいいと思います。

『世界一やさしいビットコインの授業』

仮想通貨投資の95%は詐欺!「ICO」「HYIP(ハイプ)」と呼ばれる危険な高利回り商品が出回る中で、あなたはいったい何を信じて投資をすればいいのか? たった数カ月で資産を10倍以上にした著者が、ビットコインの仕組みから投資までを徹底解説! 大評判のセミナー、書籍化!

amazon_associate_logo.jpg

ビットコイン、絶対NGな保存方法とは?ハッキングされる危険が激増のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、ビットコインブロックチェーン仮想通貨投資の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!