NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

イトーヨーカドー大井町店の食品売り場が大変貌…駅周辺「食の過剰供給」の懸念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イトーヨーカドー大井町店

 私が週末の買い物によく利用しているイトーヨーカドー大井町店の食品売り場が、大きく様変わりした。従来は地下1階のワンフロアで生鮮食品からお惣菜までを扱うオーソドックスな食品売り場だった。現在は、イートインを充実させた惣菜売り場の拡大版と外食テナントが1階に配置され、地下1階の食品売り場とは切り分けられた。もともと1階にあった靴や鞄、トイレタリーなどの売り場が2階以上のフロアに振り分けられた。

 この改装、昨年からよく耳にするグローサラントの展開だろうかと注目している。グローサラントとは、食料品店の店内で食事を提供する業態のことで、食料品店を意味する「グローサリー(Grocery)」と「レストラン(Restaurant)」を掛け合わせた米国発祥の造語である。店で販売している食材を使って、工場ではなく店のキッチンで料理をつくり、そのまま店内で飲食できるという仕組みだ。

 この動きは、米国の食品スーパーでは、いまや主流となりつつある。日本でこの言葉が流通し始めたのは2017年の初め頃からで、昨年、実店舗として出現したのは、成城石井のトリエ京王調布店、イタリア食材専門のイータリーグランスタ丸の内店、ヤオコー川越南古谷店などで、今年に入っても実験店舗が続々と登場している。

 イトーヨーカドー大井町店は、3月に大幅に食品売り場を改装し、5月中には外食テナントの導入を含め、全体が完成する見込みである。1階の入口には「Ooimachi-DINER」の看板が掲げられている。ダイナーとはアメリカのプレハブ式のレストランのことだ。

きっかけは米国からの「流行」の導入だが、日本ならではの事情も


 グローサラントが日本で採用されたきっかけは、米国で流行するスタイルの輸入だが、重要なのは日本ならではの事情であるという点だ。日本では、人口減、高齢化により食事をつくる機会が激減している。内食、中食、外食のなかで、家で素材から調理する内食は減少の一途をたどり、外食も伸びていない。日本で唯一、伸長しているのが調理済みの料理を扱う中食だ。内食の減少に苦しむ食品スーパーが、中食を拡張するためにグローサラントに着目したというわけだ。

 コンビニエンスストアのレジ横に並ぶ食品も、おでんや唐揚げ、焼き鳥など、ファーストフード領域から中食領域へとどんどん浸食してきている。そんななかで、食料品店は消費者の胃袋をどう掴むのか。その競争は熾烈だ。グローサラントは、食品スーパーの拡張策というよりも、生き残り策にほかならないのが日本の実情だ。

イトーヨーカドー大井町店の食品売り場が大変貌…駅周辺「食の過剰供給」の懸念のページです。ビジネスジャーナルは、連載、イトーヨーカドー大井町店グローサラント食品スーパーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!