NEW
ミドルエッジ「懐かしい! をお送りします」

ドラゴンボールの強さの指標「戦闘力」を振り返る!インフレ進み、なんと2京3000兆まで上昇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※参考画像:『ドラゴンボール(1巻)』(集英社)より

 あなたにとって「懐かしい」とは、どんな情景でしょうか?

 1970~90年代の「懐かしい」を集めたメディア「ミドルエッジ」。あなたの記憶をくすぐる「懐かしい」から厳選した記事をお届けします。

 さて、今回振り返るテーマは「ドラゴンボールの戦闘力」について。

 当時画期的だった、強さのバロメーター「戦闘力」。強力な敵キャラが登場→悟空たちが修行して戦いを挑む→倒す→もっと強力な敵キャラ登場→もっと修行する……という、果てなき堂々巡りのなかで、どんどんインフレーションを起こしていく。この強さの指標が、最終的にどれくらいまで上昇したのか。今回は、悟空と代表的敵キャラの戦闘力を対比しつつ、振り返っていきたいと思います。

そもそも「戦闘力」とは?

 まず、「戦闘力」について簡単におさらいしましょう。「戦闘力」とは、その名が示す通り、ドラゴンボール世界の戦闘における、強さのバロメーター。突如として地球に来襲した、悟空の兄でサイヤ人のラディッツが持ち込んだ、敵の強さを数値化する機器「スカウター」の登場によって、初めてその存在・概念が作中で明かされました。

 そのラディッツが最初に地球人(農夫のおじさん)と遭遇した際、物語を読み解くうえで重要なカギとなる、ある重要な一言を言い放ちます。

「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」

 ドラゴンボールファンから愛されてやまないこの名文句は、「普通の成人男性=戦闘力5」という概念を明示することによって、戦闘力1000だとか1万だとかに達する悟空たちドラゴンボールキャラと、我々読者の差をはっきりと認識させたのでした。

 ちなみに、悟空とラディッツが戦った時の戦闘力は以下の通り(以下、特に記載がない場合は原作準拠)。

悟空…334
ラディッツ…1500

 戦闘力にしておよそ1200、成人男性にして約230人分、悟空が劣っています。数字だけ見れば、悟空に勝ち目はありません。しかし、「カメハメ波などの必殺技を撃つ」「怒りで潜在能力が解放される」などのギミックが加わると、戦闘力が上がるという謎設定があとあと追加されたことによって、辛くも勝利を収めます。

次の敵(ベジータ)との戦いで、戦闘力の相場は万単位に跳ね上がる

 ラディッツを倒した後、地球へ来襲するさらなる強敵ナッパ・ベジータを迎え撃つため、1年間修行を重ねた悟空たち。作中で表現された戦闘力は以下のようになります。

悟空…5000
ベジータ…1万8000(推定)

 悟空は厳しい修行の末に習得した技「界王拳」によって最大、2万1000以上にまで戦闘力を上昇させ、強敵ベジータを追い詰めたのでした。

衝撃的だった「わたしの戦闘力は53万です」

 ちょうどバブル期だった連載当時、鳥山明が、世間を騒がせていた「地上げ屋」をモチーフにして「宇宙の地上げ屋」として登場させた敵キャラ・フリーザの出現により、戦闘力のインフレはピークを迎えます。

ドラゴンボールの強さの指標「戦闘力」を振り返る!インフレ進み、なんと2京3000兆まで上昇のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ドラゴンボールミドルエッジ鳥山明の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!