NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

新幹線の全列車の本数を調べてみたら、平均1分14秒間隔でごった返し状態だった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東海道・山陽新幹線歴代車両(「Wikipedia」より/Taisyo)

 北は新函館北斗から南は鹿児島中央までと、いまや新幹線のネットワークは広大だ。2018年4月1日現在、東海道、山陽、東北、上越、北陸、九州、北海道のフル規格の各新幹線が2997.1キロメートル、ミニ新幹線の山形、秋田の両新幹線が275.9キロメートルと、合わせて3273.0キロメートルで営業を行っている。

 これらのほか、在来線として扱われているJR西日本の博多南線8.5キロメートル、そしてJR東日本上越線越後湯沢-ガーラ湯沢間1.8キロメートルも実質的にはフル規格の新幹線なので、全国の新幹線のネットワークは合わせて3283.3キロメートルだ。JR四国全線は855.2キロメートル、JR九州全線は九州新幹線を除いて1984.1キロメートルで合計2839.3キロメートルであるから、いかに新幹線網が大きなものであるかがわかるであろう。

 さて、3283.3キロメートルもの新幹線網には、朝5時40分に新庄駅を出発する山形新幹線の「つばさ122号」に始まり、深夜23時59分に富山駅に到着する北陸新幹線の「つるぎ736号」まで、実に多くの列車が走り回っている。その数は平日に毎日運転されているものだけで883本だ。つまり、18時間19分間に平均して1分14秒間隔で列車がやって来ることを意味する。複数の新幹線に乗り入れる場合は重複分を省き、2本の列車を一緒に連結した分は1本と数え、博多南線、上越線越後湯沢-ガーラ湯沢間の列車を除いてこの数値だ。

 しかも、これらのほかに日々多数の季節列車、臨時列車が運転され、2016年度の実績では年間4億2000万人あまり、1日当たりで115万人あまりが利用したという。新幹線は鉄道の一形態にすぎないものの、もはや独立した交通機関といってよいかもしれない。
 
 今回はそれぞれの新幹線を愛称別に列車の本数を見ていこう。数字ばかりで恐縮ながら、興味深い列車を探っていきたい。

東海道新幹線(東京-新大阪間、JR東海)

 
 到達時間の短い順に「のぞみ」「ひかり」「こだま」と設定されている東海道新幹線では、新大阪方面の下りが151本、東京方面の上りが157本の計308本が平日に毎日運転されている。愛称別に多い順に並べると、「のぞみ」は下り78本、上り81本の計159本で全体に占める比率は52パーセント。以下、「こだま」が下り40本、上り44本の計84本、「ひかり」は下り33本、上り32本の計65本だ。

新幹線の全列車の本数を調べてみたら、平均1分14秒間隔でごった返し状態だったのページです。ビジネスジャーナルは、連載、JR東日本JR西日本東海道新幹線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!