NEW

学歴詐称疑惑の小池都知事、自民党・二階幹事長と会談で次回知事選前倒しを要請か…再選狙い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小池百合子・東京都知事

 東京都の小池百合子都知事にまたもや「学歴詐称」疑惑が浮上し、6月27日に閉幕した都議会の第2回定例会でも取り上げられた。小池氏の学歴問題は、2016年の都知事選の際にも疑惑が取りざたされた。

 同氏初の自著『振り袖、ピラミッドを登る』(講談社)の経歴欄に、「1976年10月、女性では初めてカイロ大学を首席で卒業」と記載されていることが事実か否かを問うものだが、月刊誌「文藝春秋」(文藝春秋/7月号)において、カイロ留学時代の同居女性が、「小池さんは実際にはカイロ大学を卒業していません」と証言したのである。

 ノンフィクション作家・石井妙子氏による月刊誌のレポートは緻密だ。この女性は、50年近く前にメモした手帳や日本に送った大量の手紙を今も保存していて、当時のことが詳細に書いてあるという。

 この女性によれば、小池氏はカイロ留学中、アラビア語をほとんど話すことなく、カイロ大入学も当時のエジプト閣僚のコネ。卒業については、1976年のサダト大統領夫人の来日時に日本に一時帰国した際、アテンド役を務めたことが関係しているという。新聞記事に「カイロ大学を卒業した小池百合子さん」と顔写真付きで紹介され、カイロに戻った小池は、この記事を女性に見せた。「カイロ大卒業」という“あり得ない”経歴に驚いた女性が、「そういうことにしちゃったの?」と聞くと、小池氏は「うん」と答えたという。

 この件について、小池氏は都議会の代表質問で野党の自民党から質問されると、「正式なカイロ大の卒業証書と卒業証明書を有している。大学側もこの卒業を認めている」と反論。もっとも、「首席で卒業」については、「当時の担当教授の言葉をうのみにした。うれしくなって、その旨を記述した」と語り、お茶を濁した。「首席」が虚偽である可能性は高い。

 ただ、都議会での自民党の追及もここまでで、深追いはなかった。

 そのため、都議会関係者の間では「小池知事の任期は2年後の2020年7月30日まで。東京五輪を自分の手で開くには、都知事に再選されるしかない。弱みのできた小池知事に対し、『再選したいなら、俺たちの言うことを聞け』という自民党からのメッセージではないか」との深読みが始まっている。

学歴詐称疑惑の小池都知事、自民党・二階幹事長と会談で次回知事選前倒しを要請か…再選狙いのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、学歴詐称小池百合子都知事都民ファーストの会都議会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事