NEW

ほしのあきも呆れる!? 三浦皇成&岩田康誠の「タックル合戦」競馬にファンからため息が......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
miurakousei0315.jpg
「三浦皇成公式ブログ」より

 ファンからすれば、ある意味「頂上決戦」といえるのかいえないのか......。

 12日の中央競馬・中山競馬場11RアネモネS。2着までに牝馬クラシック第1戦の桜花賞への優先出走権が与えられる重要なレースで、競馬ファンが注目せざるを得ない"事件"は起きた。外を回る2頭の馬(5着リボンフラワー・13着クラリティーアイズ)が、最終コーナーで「ぶつかりあった」のだ。

 実際、競走馬がコーナーで外に膨れるというのはよくあることであり、レース後特に制裁などは起きなかったので大した問題ではないのかもしれないが、ファンがネットで話題にしたのは、その"事件"を起こした騎手2人だ。

 その騎手は、三浦皇成騎手と、最近一時的に関東に拠点を移した岩田康誠騎手。なんといってもこの2人、競馬ファンの間では「危険騎乗」のイメージが強い騎手なのである。

 三浦騎手は2010年1月、同じく中山のレースで史上最多となる「9頭」の落馬事故を引き起こした原因となったことがある。事故自体は加害馬のわずかな動作によって引き起こされており、三浦騎手の強く責めるのは酷であるという認識が一般的だが、この事故によって三浦騎手に変なミソがついた部分がある。タレントのほしのあきとの結婚やその後の浮気、「武豊2世」といわれながら成績が伸び悩んでいるところなど、ネットユーザーからすればネタにしやすいということなのかもしれないが......。

 そして岩田騎手は、三浦騎手よりもさらに強引な騎乗のイメージが強いジョッキーである。12年のNHKマイルCで強引な進路取りから後藤浩輝騎手を落馬させ、さらに14年4月にも同じく後藤騎手を落馬させる危険な騎乗をした。それのみならず、12年のジャパンCでは当時の最強牝馬・ジェンティルドンナで3冠馬オルフェーヴルを退けるも、馬体を合わせたジェンティルドンナの"タックル"は大きく取り上げられた。競馬ファンの間では「イワタックル」などと揶揄されている。15年に後藤騎手が突然の自殺をしてしまったことも、岩田騎手のブラックイメージに拍車をかけた。今年2月の東京新聞杯で浜中俊騎手が落馬した時は、事故には特別関係ないものの近くにいたというだけで岩田騎手が疑われてしまう始末だ。