NEW

新垣結衣でも『コード・ブルー』初回視聴率が微妙!? 数ある失敗要素も最大は「本」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣でも『コード・ブルー』初回視聴率が微妙!? 数ある失敗要素も最大は「本」?の画像1

 山下智久主演『コード・ブルー』(フジテレビ系)3期の第1話が、17日に放送開始となる。低迷が続く"月9"の最後の砦ともいえる強力なコンテンツだが......。

 主演の山下はもちろん、現在ブレイク中の新垣結衣に、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介などドラマ、映画の最前線で活躍する役者陣が再集結。シーズン1の時にはまだ若手俳優の集まりという形だったが、それぞれが"格"を上げての3期とあって、当然ながら期待は高い。

「1期、2期の際には『医者に見えない』『学芸会っぽい』と不満も漏れた同ドラマですが、それぞれ年齢を経て、ようやく『医者らしくなった』のでは、と期待する声は多いですよ。

これまでのシーズンでもなんやかんや高視聴率を獲得してきた『コード・ブルー』ですし、凋落する月9を救う可能性は十分でしょう」(記者)

 特に、昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以来、とにかく注目度上昇が止まらない新垣が出演するとあって、「一定の視聴率は約束」という声も多い。確かにそれだけでも恥ずかしい数字にはならなそうだが......。

新垣結衣でも『コード・ブルー』初回視聴率が微妙!? 数ある失敗要素も最大は「本」?のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、コード・ブルー山下智久新垣結衣の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!