NEW

上西小百合議員「くたばれレッズ!」も"自作自演"の疑惑? 「ファン事務所押しかけ」報道も信じる人すら少ない現状

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上西小百合議員「くたばれレッズ!」も自作自演の疑惑? 「ファン事務所押しかけ」報道も信じる人すら少ない現状の画像1

 衆院議員の上西小百合氏の暴言が止まらない。

 22日、上西氏は自身のTwitterで「くたばれレッズ!」とツイート。15日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1の浦和とドイツの強豪ドルトムントの国際親善試合で浦和が敗れたことを受け「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたことがきっかけで、浦和サポーターと「戦争状態」に。その後も余波どころかさらなる大波となっている状況だ。

 今回「くたばれレッズ!」とツイートしたのは、「浦和レッズファン」を名乗る中年男性2人が、上西議員の事務所まで押しかけてきたことからのようだ。上西議員はさらに「正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と続け、浦和レッズの運営にも苦言を呈している。

 当然のことながらネット上は猛批判の嵐。「調子に乗りすぎ」「こいつがサポーターにやられても何にも思わない」「なんでこんなのが議員なんだ」と非難は最上級に膨れ上がっている有様だ。

 ただ、仮に「浦和レッズファンを名乗る中年男性2人」が本当に事務所に押しかけてきたならば、それはそれで大きな問題だ。

「一部では『上西を絶対に相手にしない強さが必要』という声はありますね。そもそもが、最近影が薄くなってきた上西議員の『炎上商法』と見る向きが大きく、これが本当なら騒がれれば騒がれるほど上西議員が"得"をするということにもなりかねません」(同)

上西小百合議員「くたばれレッズ!」も"自作自演"の疑惑? 「ファン事務所押しかけ」報道も信じる人すら少ない現状のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、Twitter上西小百合浦和レッズの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!