NEW

高校野球決勝は花咲徳栄×広陵に! 「埼玉の悲願」か「新怪物中村奨成」か......"最強の矛"勝負の争点は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球決勝は花咲徳栄×広陵に! 「埼玉の悲願」か「新怪物中村奨成」か......最強の矛勝負の争点はの画像1

 22日、高校野球全国選手権の準決勝が行われ、決勝のカードが決定した。

 第1試合の天理戦を勝利し10年ぶりの決勝切符を手にした広陵は、今大会で一気にスターダムにのし上がった中村奨成捕手(3年)が2本のホームランを打ち、1985年に清原和博氏(PL学園)がマークした1大会個人最多本塁打記録を更新するなど圧倒的な打撃力で決勝へと駒を進めた。中京大中京、秀岳館、聖光学院、仙台育英、天理と甲子園常連の強豪を次々撃破しての決勝進出は、すでに王者の資格に足るものだろう。

 特に中村選手の存在感、注目度は日に日に増幅の一途。甘い球をとにかく逃さずスタンドに放り込む様はすでにプロに向けた姿のよう。大会前は出場できなかった早稲田実業の清宮幸太郎に注目が集まっていたものの、今は完全に「中村フィーバー」。今年のドラフトの注目選手となるだろう。一方、投手陣は連戦の疲れもあるのか、やや捕まりやすくなっている印象も否めない。

 一方、第2試合の東海大菅生戦を延長戦の末に制した花咲徳栄は、初の決勝進出。今大会最速150kmを誇る清水達也投手を擁してゲームを作り、つながりある強力打線でねじ伏せるゲームぶりで、ダークホース扱いながら決勝進出を果たした。

エースの清水投手は準決勝などのプレーから尻上がりに調子を上げるタイプで、早い段階の失点を許さないかが鍵を握りそう。序盤で強力な広陵打線をどれだけ抑えられるかで勝負の流れが大きく変わりそうだ。

 どちらも打ち出したら止まらない豊かな攻撃力が目立つチーム。今大会は全体の本塁打記録を早々に更新するなど「打」がとにかく目立つ大会となっているが、それを象徴する2校の決勝戦となったわけだ。

 いずれ劣らぬ「最強の矛」同士の決勝戦。果たして真紅の大優勝旗を手にするのはどちらのチームだろうか。歴史に残る打撃戦を期待したいところだ。

高校野球決勝は花咲徳栄×広陵に! 「埼玉の悲願」か「新怪物中村奨成」か......"最強の矛"勝負の争点はのページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、広陵花咲徳栄高校野球の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!