NEW

パチンコ「トリビア」驚きの真実は明らかに!? 三重県パチスロ「設置なし」ホールに○○が存在しない驚きの事実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「トリビア」驚きの真実は明らかに!? 三重県パチスロ「設置なし」ホールに○○が存在しない驚きの事実の画像1


 パチンコ・パチスロにおいてユーザーが最も関心を寄せるのは、機種に対する細かい情報だ。大当たり確率や設定を示唆する演出、また大当たりを見抜く液晶上の演出法則など、その数は膨大である。

 ただ、勝利にまつわる知識に関心が集まるのは当然だが、視野を広げるとアッと驚く豆知識が存在していることも事実だ。

 そこで今回は、勝利には役に立たないが、意外と知られていない"パチンコ雑学"をご紹介したい。

パチスロが存在していなかった県があった!?

 ほとんどのパチンコホールに設置されているパチスロ機。ホールの50%前後がパチスロを占め、パチンコが一切設置されていないパチスロ専門店があるほど。いわばホールにとって必要不可欠な存在である。

 しかし、そんなホールの必須要素"パチスロ"が2000年までなかった県があることをご存知だろうか。

 それが、年末年始恒例のオールナイト営業で有名な三重県だ。

 いまでは、大晦日限定の38時間営業「オールナイト」を目的に全国各地から集まる県としてファンの間で有名に。それ故にパチスロファンにとって憧れの地ともいえる三重県だが、なんと2000年までパチスロの設置が一切なかったのである。

 なぜかというと、当時、射幸性の高いパチスロ機が多く、それを危惧した三重県警察を管理する「三重県公安委員会」はパチスロの設置を許可しなかったことが主な要因といわれている。そのため、パチスロを打つために県外へ遠征しなければならず、三重県民のスロッターにとって厳しい環境だったようだ。

パチスロ初の"液晶搭載機"はあの国民的マンガ

 人気アニメや芸能人とのタイアップ機がほとんど占める昨今、遊技者を大いに盛り上げるためにも欠かせない要素といえば、液晶搭載の"映像演出"である。「あの演出が見たい」「この映像表現が素晴らしい」など演出を見たいが為にプレイするユーザーも少ないはずだ。

 そんな今では当たり前となった映像演出が初めて搭載されたのは果たしていつか。そしてどのコンテンツなのか。

パチンコ「トリビア」驚きの真実は明らかに!? 三重県パチスロ「設置なし」ホールに○○が存在しない驚きの事実のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ雑学の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!