NEW
中村芳平「よくわかる外食戦争」

感動的に美味いビールの店が開店!地獄の居酒屋業から、ついにあの大手チェーンが脱却

文=中村芳平/外食ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,


 ボールタップサーバーは居酒屋チェーン店では同社にしか置いていないという、米国から輸入した最先端のサーバーだ。これまでのサーバーはビールの液と泡が別々に注がれるスタイルだが、このサーバーは違う。コックを一番手前まで引くと液が出てきて、これを上に持ち上げてゆくと泡に切り替わる。このサーバーの特徴は、一体注ぎにあり、従来より速く泡が出てきてきめ細かいので、口当たりもよい。サーバーのすぐそばにはグラス専用のシンクが備え付けられ、料理皿などとは別に手洗いし、氷水の中に保管している。このこだわりによって、通常のビールよりより冷えてよりおいしいビールが飲めるようになっている。

アサヒビールの監修のもと、独自のマイスター制度を導入、現在3名のビアマイスターがいます。通常価格より50円プラスすれば、ビアマイスターが『スーパードライ』などのビールをシャープな注ぎで提供します。これが看板商品の通称『マスターズドライ』です」(コロワイド広報部)

大箱居酒屋業態転換の切り札になるか

 THE DAD BODでは味と鮮度にこだわった9種類のビールを提供する。ちなみに料金は「アサヒスーパードライ」(600円/税抜き、以下同)、「エクストラコールド」(650円)のほか、英国を代表するビール「バス ペールエール」(650円)、ベルギービール「ヒューガルデンホワイト」(700円)などとなっている。女性向けに、ビールにカカオ、オレンジジュースなどを合わせたビアカクテル(700円~)も11種類、ワイン、ハイボールも用意している。

 健康志向に配慮した「POTATOタラモサラダ」(480円)、「サーモンのハーブマリネ シトラス風味」(480円)、3種盛り合わせ(1200円)など、デリカテッセンも15種類揃えている。最もビアホールの特徴を現しているのは、オープンカウンターのアイランドグリルで、塊で焼く1ポンドステーキだ。

「『ハイソサエティなカジュアルシーンを楽しみつくせ! 大人の新たな社交空間づくり』をテーマに、客単価は夜4500円に設定しました。1月からランチをスタート、週替わりの主菜に副菜、パン、スープなどをセットで税込1080円で提供しています。もともとTHE DAD BODはサービスレベル、商品力などを最優先で考えてつくった店です。したがって急激な集客は求めず固定客づくりを意識して行い、客が客を連れて来るような店づくりを目指しています」(同)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事