NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

社員の親介護問題が企業を滅ぼす?ついに企業倒産や業績急低下などの事例続出

文=鬼塚眞子/一般社団法人介護相続コンシェルジュ代表、保険・介護・医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

 相続の話し合いの席上、専務夫婦から副社長の妻へのねぎらいの言葉がなかったことが契機となり、壮絶な兄弟バトルに発展した。この間、同業他社は新たな製品を次々に発表し、時代に乗り遅れて業績は悪化。民事再生を受けた企業もある。

 また、相談業務を通じて非常に多いのが、会社が知らない複雑な出自に関するトラブルである。こうしたことが根底にあり、問題を複雑多様化している場合は当然、介護保険制度の対象外となる。地域包括センターや社会福祉協議会に行っても、同様のことがいえる。
(文=鬼塚眞子/一般社団法人介護相続コンシェルジュ代表、保険・介護・医療ジャーナリスト)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合