NEW
杉原杏璃×起業家対談(1)

うつ病寸前、FXで160万円の損失…IT大手のSEは、なぜ転職より起業を選んだ?

構成=日下部貴士/A4studio 写真=尾藤能暢
【この記事のキーワード】

, , , , , ,


杉原 「マインドセット」というと?

森下 起業家の方には「自分を成長させて成果を出さなければ稼いでいけない」という、ある種のチャレンジ気質があり、思考に縛られていないんです。自由な発想で日々ビジネスと自身を進化させていかないと、会社員か起業家かにかかわらず、今の世の中で生き残っていけませんからね。

 一方、会社員は「安定」というものがメリットであると同時にデメリットにもなり得ます。何か新たな挑戦をしようというときに、「時間がない」「お金がない」「家族のことを考えると……」と思考をストップさせてしまい、自分の可能性にふたをしてしまっている人が多いように思います。

 私は会社員をやりながら副業でビジネスをしていたり、起業家が集まるセミナーに通ったりしていたので、実際に人に会うことで起業家寄りの思考になっていったのですが、会社員時代に同僚と話をしたときに考え方の違いにショックを受けました。

退社と同時にうつ状態が全快!

杉原 確かに、起業家は自分で稼ぐ力がないと生活できませんからね。会社員は会社から毎月一定のお給料をもらえますし、福利厚生などの保障もあるから、ハングリー精神が薄くなってしまうのかもしれませんね。

うつ病寸前、FXで160万円の損失…IT大手のSEは、なぜ転職より起業を選んだ?の画像3

森下 それで、会社員時代の最後のほうは、もう同僚の話を聞くのも嫌になってしまい、仕事のストレスもあってうつ病寸前になりました。でも、金曜日に会社を辞めて翌週の月曜日の朝、いつものように起きて「……もう会社に行かなくていいんだ!」と思ったら、それまでの鬱々とした記憶が走馬灯のように流れては消えていきました。そこからは、起業に向けて元気に動き出しましたね(笑)。

杉原 そんなに急に変わるものなんですか! でも、良くも悪くも「人は環境に左右される生き物」といわれるので、「自分を変えたい」と思ったら、とりあえず環境を変えてみるのはいいのかもしれませんね。

――第2回では、現在のビジネスや成功する人と失敗する人の特徴などについて、さらに杉原さんと森下氏の対談をお伝えします。
(構成=日下部貴士/A4studio 写真=尾藤能暢)

※本記事はPR記事です。

●「株式会社EXISTi代表取締役 森下翔悟 公式Facebook」(お友達申請可)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ