NEW

大観衆の拍手はどうしてひとりでに揃うのか? 不思議な「シンクロ現象」の正体

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『非線形科学 同期する世界』(蔵本由紀著、集英社刊)

 コンサートや演劇、スポーツ競技や大規模なプレゼンテーションなどで多くの観衆が拍手をするシーンを見ていると、何百人、何千人、ときには何万人もの拍手のリズムがシンクロすることがある。

 拍手のリズムは人それぞれ違うはずなのに、いつの間にか、ひとりでに揃ってしまう。普段はあまり気に留めないかもしれないが、考えてみれば非常に奇妙な現象だ。

 こうした現象は自然界でも起こる。コオロギの鳴き声、ホタルの明滅などは、なぜか全体が同じリズムを刻むようになっているのだ。

 そんな不思議な「同期(シンクロ)現象」の謎に迫った一冊が、『非線形科学 同期する世界』(蔵本由紀著、集英社刊)だ。

 本書では、全体が部分の総和としては理解できない現象、いわゆる「非線形現象」の研究を軸に、自然界、社会、人体などに表れる「同期現象」が起こるメカニズムが解説されている。

■なぜ、大観衆の拍手はひとりでに揃うのか?

 東欧の科学者たちが行った「拍手」に関する研究がある。静かな環境下での一個人に拍手をしてもらい、そのリズムの統計的性質を調べたところ、拍手には「遅いモード」と「速いモード」の二種類があることが明らかになった。

 「遅いモード」の拍手では、人は一秒間に二回ほどのペースで手を叩く。個人差などによるバラつきの幅は周期の平均値と比較するとかなり小さい値に留まるという。つまり、かなり規則的なのだ。

 このモードの拍手は、公的な演説などに対して、礼儀正しく賞賛を表明されるために用いられることが多いようだ。

 一方、「速いモード」の拍手では、一秒間に四回、「遅いモード」の倍の速さで、規則性も前者に比べれば劣る。こちらの場合、個々人がその感動を自由に表現しようとするときに用いられるという。

 コンサートなどの感動的なパフォーマンスの後の拍手は、最初はバラバラに十秒ほど続いた後、ひとりでに同期し始める。しかし、その状態が十秒から二十秒続くと、再び拍手にバラつきが出始める。

 つまり、「速いモード」から「遅いモード」へと移り、その状態が少し続くと、またモードが移っていく。その繰り返しが行われるのだという。

 このモードの変換をデータで解析し、強弱の変化を時間的に平均化すると、その音量は拍手が揃うことでかえって小さくなるのだという。

 これは熱烈な感動の意思を表明するにはふさわしくない状態だ。これが持続すると会場の雰囲気は白けるかもしれない。だから、再び速いモードに戻ろうとする――。

 研究者たちは、そのような心理的作用があるのではないかと解釈しているのだという。

■コオロギとカエルの「同期」の戦略

 都心から離れた自然の残る住宅街や田舎に行くと、夏から秋にかけて風情のあるコオロギやカエルの鳴き声を耳にすることができる。

 しかし、両者が生物として真逆の「同期」の戦略をとっていることに気付いている人はほとんどいないだろう。それは集団における「鳴くリズム」の違いだ。

大観衆の拍手はどうしてひとりでに揃うのか? 不思議な「シンクロ現象」の正体のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、シンクロ生命科学生物学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事