NEW

キャベジンの興和vs正露丸の大幸薬品、業界団体会長の座めぐり泥沼紛争→異常事態に展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本一般用医薬品連合会 HP」…三輪派、柴田派のいずれも同じトップ画像

 医師の処方箋なしに購入できる市販薬を手がける業界5団体で構成する日本一般用医薬品連合会(一般薬連)が、お家騒動に揺れている。

 組織運営をめぐる対立から、会長が2人となった。それだけではない。事務所やホームページ(HP)も2つ存在する異常事態に陥った。HPは役員構成が違うだけで、ほかは見分けがつかないほど瓜二つなのだ。

 会長は、一方が三輪芳弘氏。胃腸薬「キャベジン」で知られる興和の社長だ。他方は柴田仁氏。「正露丸」の大幸薬品の会長だ。便宜上、2つの薬連を会長名から三輪派、柴田派とする。

 三輪派のHPには、以下のように記載されている。

名称:日本一般医薬品連合会(略称:一般薬連)
住所:東京都中央区日本橋本町3丁目4番18号 昭和薬貿ビル5F
代表:会長兼理事長 三輪芳弘 興和株式会社代表取締役社長

 一方、柴田派のHPは以下のとおり。

名称:日本一般医薬品連合会(略称:一般薬連)
住所:東京都千代田区岩本町一丁目8番15号 イトーピア岩本町一丁目ビル4階
組織:<会長>
 柴田仁 大幸薬品株式会社代表取締役会長
<副会長>
 佐藤誠一 日本OTC医薬品協会会長 佐藤製薬株式会社代表取締役社長
  伊部充弘 日本医薬品直販メーカー協議会会長 ゼリア新薬工業株式会社代表取締役社長
  太田美明 日本家庭薬協会会長 株式会社太田胃散代表取締役社長
  加藤照和 日本漢方生薬製剤協会会長 株式会社ツムラ代表取締役社長
  塩井保彦 全国配置薬協会会長 株式会社廣貫堂代表取締役
 <理事長>
  黒川達夫
 <理事> 21名
 <監事> 2名
 <事務局>2名
 <副会長>役員資格停止
  三輪芳弘 興和株式会社代表取締役社長

 一般薬連の会長人事が騒動の発端だ。2016年5月から一般薬連の会長を務める三輪氏は、18年5月末で任期切れを迎えるはずだった。ところが5月14日に続投の意思を表明した。

 三輪氏の強引な組織運営に不満が続出。反三輪派の一般薬連幹部が5月29日、会則で定めた「会長に事故ある事態」に当たると主張し、緊急理事会を招集。構成5団体が推す柴田仁氏(大幸薬品会長)を同日付で会長とする人事案を24対1の賛成多数で決めた。その後、興和が一般薬連に派遣していた出向者2人を解任した。

 これに対して三輪氏は会長選任手続きに問題があると主張。6月21日、一般薬連の理事会を開いた。招集したのは三輪氏で、理事33人のうち出席したのは興和出身者のみ。この場で三輪会長の続投や2人を除く31人の理事の退任を決めた。

 これで一般薬連は2人の会長が存在し、事務所も2つある異常事態となった。三輪派は母体の興和のみで、ほかはすべて柴田派だ。

 なぜ、孤立無援のなかで、三輪氏は続投しようとしたのか。

キャベジンの興和vs正露丸の大幸薬品、業界団体会長の座めぐり泥沼紛争→異常事態に展開のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、お家騒動会長人事厚労省天下り日本一般用医薬品連合会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事