NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

ネット広告の闇…アプリに蔓延するアドフラウド(広告詐欺)の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 不正にアップロードされた漫画が読み放題――違法サイト「漫画村」をめぐる問題では、そのモラルなき運営体制が問われたのと同時に「ネット広告のあり方」についても一石が投じられた。


「漫画村」には多数の企業広告が掲載されており、それらが「不正を行うための資金源」として糾弾されたのだ。多くのウェブサイトやアプリは無料で利用できるが、それらのサービスは広告主の広告費によってまかなわれていることが多い。無料でネット上のサービスを楽しめる背景には、複雑化するネット広告の仕組みがある。

 そんな「ネットと広告」について、adjust株式会社の日本チームカントリーマネージャー・佐々直紀氏に話を聞いた。

ネット広告が複雑化する、2つの問題点


――「漫画村」には数々の企業広告が掲載されていましたが、そのなかには広告主が意図しないかたちで出稿されていたケースもあることが問題視されました。そもそも、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

佐々直紀氏(以下、佐々) 主な要因は2つあります。まず一点目は、アドネットワークの問題です。アドネットワークは、いわばウェブサイトやアプリなど広告を出す「枠」を束ねている存在です。広告を出稿したい広告主がアドネットワークに出稿を依頼すれば、そのアドネットワークが持つすべての広告枠に広告が出稿される仕組みとなっています。そして、そのアドネットワーク同士が非常に複雑にからみ合っており、自動化されているんです。

 広告業界内では、アドネットワークが持つ広告枠を「在庫」と呼びます。そして、広告業界の関係者にとっては「在庫があるのに広告が表示されない状態」が一番まずい。そのため、「あるアドネットワークと別のアドネットワークが、お互いに空の在庫に保有している広告を表示し合う」ということが自動的に行われています。したがって、今は広告主が「自社の広告がどのサイトに出ているか」をすべて把握するのは、とても難しいと思います。

――ネット広告の仕組みが複雑すぎるんですね。「複雑さに乗じて不正をしやすい環境」とも言えますね。

佐々 そして、二点目はアフィリエイトを行うアフィリエイターの存在です。アフィリエイターは商品やサービスを宣伝するホームページ(ランディングページ)をつくり、そのページ経由で商品が購入されれば、広告主から規定の報酬を得られます。

 したがって、アフィリエイターが「漫画村」のような「道義的に問題はあるが、アクセス数は莫大」なサイトに、あえて自分のランディングページの広告が表示されるのを狙うケースもあると思います。

 アフィリエイターもさまざまで、企業と提携しているケースもあれば個人で活動しているケースもあります。これも、企業側がそのすべてを把握することは不可能でしょう。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!

amazon_associate_logo.jpg

ネット広告の闇…アプリに蔓延するアドフラウド(広告詐欺)の実態のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アドネットワークアフィリエイトアプリインターネット広告漫画村の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事