NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

ウーバー、ネット広告詐欺をめぐり広告代理店を提訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウーバー・テクノロジーズ本社(写真:AP/アフロ)
 不正にアップロードされた漫画が読み放題――違法サイト「漫画村」をめぐる問題では、そのモラルなき運営体制が問われたのと同時に「ネット広告のあり方」についても一石が投じられた。


「漫画村」には多数の企業広告が掲載されており、それらが「不正を行うための資金源」として糾弾されたのだ。多くのウェブサイトやアプリは無料で利用できるが、それらのサービスは広告主の広告費によってまかなわれていることが多い。無料でネット上のサービスを楽しめる背景には、複雑化するネット広告の仕組みがある。

 8月18日付記事『ネット広告の闇…アプリに蔓延するアドフラウド(広告詐欺)の実態』に続き、adjust株式会社の日本チームカントリーマネージャー・佐々直紀氏に話を聞いた。

アプリで行われる広告詐欺の手口とは


――前回、「広告で悪事を働く手法は、ウェブサイトからアプリに移りつつある」とうかがいました。アプリでの「アドフラウド」(広告詐欺)は、どのように行われているのでしょうか。

佐々直紀氏(以下、佐々) 不正の手口のひとつに「クリックインジェクション」というものがあります。ここでターゲットにされるのは、「何も広告を踏まずに自分の意志で『Google Play』や『App Store』に行き、アプリをインストールしたユーザー(=オーガニックユーザー)」です。

 オーガニックユーザーは広告を経由していないので、本来なら広告主(アプリ事業者)は広告を出している媒体(メディアやアドネットワーク)に成功報酬を払う必要はありません。しかし、このオーガニックユーザーが広告を踏んだかのように見せかけて広告費をだまし取るというのが、クリックインジェクションです。

 アプリ事業者は、さまざまなメディアやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、アドネットワークに広告を出稿し、「Google Play」や「App Store」 に誘導してインストールを促します。アプリがリリースされた直後は数億円、大きいタイトルの場合は数十億円の広告費が投入されることも珍しくありません。しかし、前回も申し上げた通り、当社の不正検知ツール「Adjust」では「全体のインストールの約10%は不正なものであった」という結果が出ています。

――数十億円の10%といえば、相当な金額ですよね。このような不正を行うのは、どんな人や組織なのでしょうか。

佐々 2つのケースが考えられます。まず「広告費用をかすめ取りたい」「収益がほしい」人や組織ですね。前回お話しした通り、アドネットワークの仕組みはとても複雑です。網のような構造の先に、このような悪質な業者がいるケースもあります。

 もうひとつは、広告の表示先であるアドネットワークやメディアが「自分たちは広告の効果が高いですよ」と見せかけるために、アドフラウドを使って“盛る”ケースです。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!

amazon_associate_logo.jpg

ウーバー、ネット広告詐欺をめぐり広告代理店を提訴のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アドネットワークアプリウーバー・テクノロジーズネット広告漫画村の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事